« 中年男のダイエット(3) | トップページ | いや、あのね... »

逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ

 タイトルは某人造人間アニメでの有名な台詞です。
 
 人の心の世界では、逃げちゃだめなのか、逃げてもよいのか、ずっとせめぎ合いが続いているような気がします。
 乱暴にまとめるなら、逃げちゃだめだ、と必死でがんばって、それでも駄目なら逃げてもよい、というところでしょうか...
 
 基本となる「逃げちゃだめ」という言葉、実によく使われます。 そして私には非常に苦くてリアリティのある実話があります。 あまりそういう話は思い出したくないのですが、最近教えている生徒の一部もこのBlogを読んでいるらしく、敢えて書いておくこととします。
 
 私が水泳が苦手だという話は既に書きました。 よく考えるに、恐らく生まれつきそうだったようで、幼稚園に行く前に須磨海岸で水が怖くて泣きわめいていたのを今でも覚えています。
 幼稚園に上がってもそれは同じでしたが、さすがにこれではいかんと小学校に上がってからは「なんとか頑張ろう」とそれなりに決意をしていました。 そして高学年用プールに移ったときですから多分小三くらいのとき、プールの縁を伝い歩き、というときに私は手が手すりから離れて溺れかけたのです。
 手も足も手応えなく沈み込んでゆくとき、水面に見え隠れする級友の背中など、多分、生まれて初めて「死ぬかも」と自覚した瞬間でした。
 
 幸い、教師が助け上げてくれたものの、どういうわけか一言のいたわりの言葉もかけてもらえずそのまま授業終了までコースの端に立たされていました。 今考えると昔の教師って今ほど厳しい環境でもなく、結構感情的ないい加減な人が多かったように思います。
 確かにちょっと周りの友達とふざけてはいましたが、死にかけたのにそれはないだろうよ、と思うと同時に、小さい頃の水への恐怖が確定的となってしまいました。
 
 以後、高校二年までずっと水泳の時間はずる休みをかますことに。
 もちろん「これではいかん」とは思っていたので陰でこそこそ遠くのプールに行って練習してなんとか泳げるようにはなったものの、その頃みんなはクロールだのバタフライだのへ進んでいたので話になりません。
 これで日陰でおとなしく暮らしていればよかったものの、水泳以外ではギャーギャーうるさいし、目立つことが好きときてますから、恐らく快く思っていない友人や教師も少なからずいたようです。
 
 高三のある日、かつて所属していたクラブの顧問(体育教師)に呼ばれ、「おまえ、いつまで逃げてんねん」と説教。
 結局どういう判断なのか、プールは一コースを私専用とするから、授業とは無関係にずっとそこで泳いでおけ、という信じられない沙汰が下りました。 悪いのは誰かははっきりわかっていましたから決定に反論することもできず、悪夢の夏の始まりです。
 何が嫌だって、ただ一言、格好悪いこと。 同級生、下級生、男子女子問わず恥さらしです。
 あれほど恨めしい夏の日差しと水しぶきはなかったですね。
 
 件の体育教師が私を晒ものにするつもりがあったのかどうかはわかりませんし、もともと悪いのは自分(まぁあの小学校の先生が悪いという気持ちも少しはありますが)、さらにずっと水泳の授業をさぼっているときから「いつまでもこんなことできる訳がない」とも思っていたので、結局一夏の地獄に耐えました。
 その最中、なんとなく学校の廊下ですれ違う連中がこっちをあざ笑っている様な気もしましたし、今思い出してもヘビーでした。
 
 ところがその秋頃、それまでずっと私に対して非友好的な態度を取っていた同級生がふと声をかけてきました。
 「おまえ、水泳今年は出てんな」と。
 私は、やっぱりそのネタかいな、と思ったものの、キレる訳にもいかないので、
 「あぁ、最悪やったわ」
 と答えるしかありません。 すると彼は、
 「よう頑張ったやんけ、根性あるわ」
 と、にやりとして言ったのです。
 
 私は最初、その意味が分かりかね、ぽかんとしていました。
 が、そのうち、なんだそんなことだったのか、と正に目から鱗が落ちた思いでした。
 そう、そんなことだったのです。
 
 正面の山にどこか低いところがあるのならそれを探してずっと迂回しても良い。でもそのあてがないのなら面倒でもさっさと正面突破した方が結局速くて楽だ、というのは私の持論です。 それを自信を持って言えるのは、この夏の悪夢の恥かきであったと確信しています。
 
 と、書くと格好良いですが、やっぱり格好悪かったですよ。 あれは。
 でも、逃げちゃだめだったんです。

|

« 中年男のダイエット(3) | トップページ | いや、あのね... »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ:

« 中年男のダイエット(3) | トップページ | いや、あのね... »