« 酒を飲むなら... | トップページ | 水田でんねん »

プロ野球交流戦が終わって

 今日から四日間程阪神の試合が無い事で、あぁ交流戦が終わったんだ、と実感しました。
 
 パ・リーグファンには申し訳ないけど、最初交流戦の構想を聞いたとき、球団再編のドタバタのあおりをなんでセ・リーグが受けなあかんねん、とか、どちらかと言うと迷惑視していました。
 例年ならそのまま独走しそうだった中日がどんどん落っこちていつのまにか阪神がリーグ首位になれた、という経緯はあるとは言うものの、いや、面白かったです、36試合。

 おかげで特にファンになった、と言うパ・リーグの球団や選手はないけど、いままで本でしか読んだ事が無かった場所に初めて行ったときの様な気持ちというか、「お、ボビーや」「へぇ、日本ハムの監督も外人やったんや」「新庄、元気そうやな」「城島、相変わらず若菜譲りのめだちん(目だちたがり屋)やのぉ」「お、坪井や、こないだは吉田豊彦見たで」とかとか、いつもなら単調に「今日どこと?勝ってる?」程度で終わってしまう所が結構楽しめました。
 いつも読んでいる雑誌に綴じ込み別冊がついていた、とでも言えば良いのでしょうか。
 
 これでどの球団がリーグ優勝しても日本シリーズでの対応が変わるでしょう。 そう思うとまだお楽しみは残っています。
 
 それにしてもロッテ強い。中日弱い。巨人どこ行った?
 ロッテと言えば十年くらい前にここで近鉄がロッテに勝てば優勝、という時に、西本ファンだった私は珍しくラジオでずっと聞いていました。 当時下位だったロッテが妙に頑張って結局近鉄は優勝できず、妙にロッテに対して反感を抱いたのを覚えています。
 幕張に行くと駅前にロッテ・ショップがあって、フランチャイズ球場最寄り駅とはいえ、「へぇ、やっぱりいるんだ、ロッテファン...」とも。 ロッテファンには申し訳ないですが、その程度の印象しか無いのです。
 そのロッテが元ダイエーのソフトバンクや西武を尻目にぶっちぎりですからねぇ、やっぱりバレンタイン監督って凄い能力を持った人なんでしょう。
 
 一方の中日は交流戦まで憎たらしいまでに強かったのに、一転して笑っちゃう程パ・リーグには弱かった。
 阪神ファンとしては嬉しくない訳が無く、落合はやっぱり何も考えてないんとちゃうか、とか、コーチがいろいろ持って来るパ・リーグの資料を「いいのいいの、オレ流で。選手がやってくれるから」とか鼻くそほじくりながら言ってたんじゃないか、とか話題が尽きませんでした。
 まぁ、それも本来のリーグ戦再開で答えが出るでしょう。
 
 例年なら「あぁ、今年の阪神は例年通り夏前に終わったなぁ」と言っている筈が、この状態。
 それが交流戦だけの恩恵だったかどうかは分りませんが、久々にこの時期中だるみしなかったプロ野球でした。
 
 実は私はサッカーのコンフェデレーションカップの意味を今日まで知りませんでした。 ワールドカップの一環だとばっかり思ってたもんなぁ。
 逆にサッカーファンは交流戦を見て「まだオープン戦?」とか「え?もう日本シリーズ?」とか思っていたのでしょうか。

|

« 酒を飲むなら... | トップページ | 水田でんねん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球交流戦が終わって:

« 酒を飲むなら... | トップページ | 水田でんねん »