« 素敵なリゾート・バス | トップページ | プロ野球交流戦が終わって »

酒を飲むなら...

 いつのまにか、酒を飲むのが好きになっていました。
 それまでも嫌いじゃなかったのですが、何せ350mlのビール一缶で「酔ったぁ、酔ったぁ」状態でしたから、楽しむもへったくれもありませんでした。
 二十代の頃は酒好きがたまに飲みに連れて行ってくれても、すぐに帰りたくなるので「おまえと飲んでもつまらん」と言われたものです。
 
 それが変わったのは結婚してからです。
 もともとうちの家は盆や正月、来客時以外はアルコールを飲む習慣がありませんでした。 ところが家内の実家は毎晩晩酌をしていた、という環境の違いで、徐々に毎晩ビール(と言っても350ml一缶程度)を飲むように。 それでも最初のうちは夕食後に必ず寝てましたけど...
 
 酒はある程度は訓練で強くなる、というのは本当です。 そんな事を20年近く繰り返しているうちに一応他人様と付き合い程度には飲めるようになりましたから。
 そうなると逆に他人とちょっと話そうか、ということになるとどうしても「ちょっと飲む?」ということになり、昔は「別に他人と喋るのに必ず飲まんでもええやろ」と思っていたのが懐かしい限りです。
 やはり小さい事からコツコツと、でしょうか。(違うか) 
 
 御陰さまで、仕事柄か遠慮したりゴマすったりする酒はありませんから、多分悪い酒じゃないと思います。
 主に学生、元学生、気のあう先生、友達、それから独り。
 学生や先生とはどうしても三宮中心になるので、帰りの事を考えるとそれほど酔えません。(とは言いつつ、終電に乗り遅れる事多数) というか、やはり外で飲む酒はどこか緊張している気がします。 歩いて帰れる所なら別でしょうけど。
 その点、自宅で独りの時は結構ヘロヘロになるまで飲んでいますね。 と、言ってもちゃんと布団に入って寝ますから泥酔ってのじゃありません。
 
 独りで飲むときのアルコールはイエガーマイスターというリキュールをストレートで頂きます。
 名前の通りドイツ製。 ハーブ中心なのでフラフラになるほど飲んでも朝は滅茶苦茶健康に目覚めます。
 味は...変わってますね。 他人に言わせると「養命酒」「子供の風邪の飲み薬」とかあまり評判はよろしくありません。 私は結構苦いというか癖のあるのが好きなもので。
 難点は売っている店が少ない事で、わざわざ車で30分くらいかけて箕面の方に買い出しに行きます。
 
 これを冷凍庫に入れて冷やしておき、シューターっぽいグラスでちびちび頂きながら、"fallingstars.co.kr"をBGMに本読んだり、映画やDVD見たり。 そのうち正気と酩酊の境目をさまようようになって、時にごそごそiPodを引きずり出して大音量で聞いたり、突然ピアノ(夜景が見える窓際に置いてあるんだな、これが)をこれまたヘッドホン経由でブワ〜っと自己満足弾きした後、突然「寝よ」とお開きになります。
 
 と、書くとなんだかだらしない様な気がしますね。 まぁ、自宅できりりと飲む必要も無いので、こんなもんじゃないでしょうか。 やっぱり夜景と音楽は酒によく合います。
 いや、やっぱり好きです。 夜中に独りで飲むの。

|

« 素敵なリゾート・バス | トップページ | プロ野球交流戦が終わって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒を飲むなら...:

« 素敵なリゾート・バス | トップページ | プロ野球交流戦が終わって »