« 金髪の兄ちゃん | トップページ | 素敵なリゾート・バス »

風呂場でJazz♪

 「音楽は水や電気に次ぐ生活インフラだ」という記述を阪神淡路大震災に見舞われた神戸・チキンジョージ絡みのwebで読んだ事があります。
 確かにそうですね。 いつも音楽が無いと落ち着かない、とまでは言わないものの、ふと音楽が流れていると(趣味にもよりますが)やはり落ち着きます。
 
 実は暫くの間、仕事場や自宅でリラックスするときのBGMに困っていました。
 もう十年くらい前にFMラジオの選曲に失望し、かと言って手持ちのCDやレコードはすぐネタ切れで、第一ずっとかけておくには面倒、一時期有線放送を事務所に引こうかと真剣に検討した事もあった程です。
 それをインターネットラジオが救ってくれたのです。
 
 私がずっと聞いてて飽きないのはちょっと崩れたJazz系で、後でフュージョンと呼ばれる様になったクロスオーバーと呼ばれる辺りです。 今ではスムースジャズと呼ばれていますね。
 Macに標準搭載されたiTunesでインターネットラジオがブラウズできると知り、いろいろ探した結果、音質と選曲でその名も"SmoothJazz.com"という放送を見つけました。
 これには冗談抜きで狂喜乱舞し、事務所でも家でもステレオにMacを接続してご機嫌様でした。
 
 ただ、ずっと聞いていると同じ曲が何度も流れる事が気になり、選曲も徐々にJazz臭さが薄れて来ている、と感じだした頃に、韓国の"fallingstars.co.kr"というサイトを見つけました。
 これがなかなかの優れもので、アメリカの"SmoothJazz.com"と比べてアジア人として似たセンチメンタリズムを持つのか、私にはぴったり来ました。
 これについて韓国からの留学生に聞いてみた所、彼女もどこかで韓国人の選曲センスが良いと言われていると聞いた事がある、と言ってましたので、う〜ん、侮り難し韓国文化、というところ。
 
 一時期、接続が増えすぎたせいか繋がらない事が増えて来たのですが、どこか太い通信線を持つ中継サイトと提携したのか、最近はいつでもどこからでも繋がります。
 ただこのサイト、何を収入源にして経営しているかよくわからないのです。 webを見ても「今の所、非営利放送局です」という記述が2002年からずっと続いています。 まぁ、ただでこれだけのクオリティが楽しめるなら良いじゃないか、と思いつつ、ある日や〜めた、と言われそうで依存している私にとってはちょっと不安ではあります。
 
 それはともかく、この放送を風呂に入る時はUSB経由のFMトランスミッターで音を飛ばしており、目をつぶれば家の風呂でもリゾート、ってなもんです。 ラジオはホンダの試乗会で貰ったノベルティなので音は知れているものの、エコー抜群の風呂場の事、それはそれで楽しめます。
 理想はこの季節、例の狭きベランダにもスピーカーをつけて、と行きたい所ですが、さすがにそれは実現していません。
 
 風呂と言えば、私が今まで利用したリゾートホテルで一番印象に残っているのは、駿河湾に浮かぶ淡島ホテル、と書きかけて、いや、それなら沖縄の...なんて事も思い出したので、これはまた次回にでも改めて書きましょう。
 
 ま、そんなバブリーな話しではなくても、お気に入りの音楽さえあれば自宅の風呂も捨てたもんじゃない、というお話でした。

|

« 金髪の兄ちゃん | トップページ | 素敵なリゾート・バス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂場でJazz♪:

« 金髪の兄ちゃん | トップページ | 素敵なリゾート・バス »