« 中年男のダイエット(2) | トップページ | 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ »

中年男のダイエット(3)

 ふと考えてみると、このダイエットをする前後で大きく変わったのは昼食だという事に気がつきます。
 それまで、特に専門学校に登校しているときは学校契約の弁当を注文しており、それが相当な量でした。 メニューも澱粉中心と言うか、酷い時にはネタに困ったのかご飯におかずが焼きそばという炭水化物づくしという日もあり、しかし「おのこし許しまへんで(C)忍たま乱太郎」主義の私は全部平らげていました。

 そういえばあの頃はいつも昼食後に酷い胸焼けに悩まされていたなぁ、と思い出します。
 今は登校時にローソンでサンドウィッチとヨーグルトを買うだけだけ。(でも三食はきっちり食べてます)
 
 やっぱり栄養、それも炭水化物の取り過ぎだったんでしょうねぇ。
 
 ということで、ダイエットの結果の○と×。

○服を着る時が快感
○ジーンズの腰回りが広がらなくなった
○ジーンズのサイズが30から29inch.に落ちた
○何かをする時に「よいしょっ」と気合いを入れずに済むようになった
○膝とかに痛みを感じなくなった
○胸焼けなど、何となくの体の不調が無くなった
○風呂に入る時に憂鬱にならずに済む
○帯電静電気が減った
○白髪の増殖が止まった
○頭髪が減らない
○老化が少し止まった気もする

×スーツやスラックスが合わなくなった
×「癌とちゃう?」「何かあったん?」と聞かれる事がある
×仕事がヘビーだとたまにくらっと来るときがある
×冬、寒い

 実験的に再度同じメニューをこなしたら2kg簡単に痩せた、と前回書きました。 さすがに60kgを切ると他人から「なんかやつれた」とか「以前の方が包容力がある外見だった様な気がする」とか急に言われるようになった所をみると私の場合60kg位が程々という所かと思います。
 まぁ、高校生時代に戻った訳ですからそれで十分です。
 
 老化進行が遅くなった気がする、というのは恐らく消化食物が減ったせいで活性酸素も減ったからでしょう。

 そう言えば以前、リニューアル前のGQ JAPANに、とあるファッション系の大御所(詳細失念)が「Dior hommeの服が着たくなった」という動機で非常に危険な方法で20kgくらい減量した、というインタビューが載っていました。 その人は既に70歳位の人でしたが、たった一つのブランドを着る為に(危険な方法というのはさておき)一念発起したというのはちょっと感動しました。
 Dior Hommeの服が幾らか知らないので、そのうち三宮のショップに覗きに行きたいと思います。

 ま、そんな格好良い話は別として、電車の中で大きく股を開いて座っている中年太りのおっさんに軽蔑の眼差しを投げる程度でしょうか、最大のマルは。
 そんな「おっさんになりたくなかったおっさんの話」はまたいずれ。

|

« 中年男のダイエット(2) | トップページ | 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年男のダイエット(3):

« 中年男のダイエット(2) | トップページ | 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ »