うま味調味料の見直し

Ajinomoto
 こないだ久しぶりに味の素の詰め替えをしました。
 大きな袋で買ったまま長い間ほとんど減らないという状態でしたが、ここにきてこれからはもっと積極的に使ってみようかと考えています。
 
 昭和の人間にとって味の素を筆頭とするグルタミン酸調味料は化学調味料と呼ばれ、健康悪影響説がつきまとってきました。 さすがに今ではそれは70年代のことと分かってはいるものの、できればあまり使いたくないというのは多分この刷り込みのせいかと思われます。

 が、ここ数年ずっとお世話になっている放送大学(の単なる聴講)今年前期「暮らしに役立つバイオ」で今ではグルタミン酸は石油科学ではなく、微生物によって安価かつ大量に作られていることを知りました。
 その講師が、グルタミン酸調味料は最初に「化学調味料」と呼ばれたのが誤解を招き、今では「うま味調味料」と呼んで良い、と付け加えているのを聞いて、なるほど、と。 
 いや?それなら「微生物調味料」と呼ぶべきじゃね?というツッコミは冗談です。(もっと売れんようになるだろう)

 この微生物、自分のためにグルタミン酸を作ってるのに、株改良でそれを代謝できないようにされているため、永遠にせっせとグルタミン酸を作り続けているのだとか。 それを聞くとなんだか少しかわいそうな気もして、微生物愛護団体ってのが結成されて反対運動が起こったらどうしましょう。
 
 それはともかく、久々に詰め替え用袋の使用例を見ると私が想像してたよりかなり多めの量が推奨されています。 なるほどな。(あまり多量に加えると味覚飽和が起こってしまうそうで、それはそれで気をつけなければならない。)
 とはいえWikipediaによると、実はだしの素やうどんスープの素なんかもグルタミン酸系のうま味調味料に分類されていて、なんだそれなら昔から小袋ごとたっぷり使ってるやんか、と開眼。

 新鮮だったのはドレッシングに加えると酸味が和らぐと書かれていたこと。
 そうそう、どうしても酢がツンと来るので、ほんの少し砂糖やはちみつをたらしてみたりしてますが今ひとつ納得できてませんでした。

 うん、早速今夜試してみよう、と言いたいところながら、明日は胃と大腸の内視鏡定期検査。 なので今日は一日中例の指定食のみ、そして明日はあの吐き気を催す経口下剤を大量に飲まねばならないという苦行が待ち受けているのでした。
 さらに今年はコロナのおかげで鼻経由ができず、生まれて初めて口経由で行わねばならいのが駄目押しの難行... さぞ苦しむんだろうなぁ...

| | コメント (0)

雨音が新鮮だった

 先日、台風の置き土産的な雨が結構降りました。
 それは予報で知っていたし、この日の予定は午後からだったので特に憂うことなく寝ていたら、なんだか雨音が新鮮な響きを奏でていました。
 
 今、うちのマンションの横に鉄骨建のビルが工事中で、その屋上が我が部屋の少し下に位置しています。 まだ工事中なので屋上には波板状の鉄板と格子状の鉄筋がコンクリート流し込みに備えて貼られていて、雨音はそこから発生しているようです。
 
 これまでうちのマンションの周りには低い建物しかなく、弱い雨では全く雨音が聞こえず、少々強くなっても金属製の手すりに雨だれが時々当たる音がするぐらいで、外が見えるエレベーターへの廊下で初めて雨が降っていることに気づくくらいでした。
 それが普通にザーザー鳴ってる。
 
 私、生来の天邪鬼な性格ゆえかインドア系ゆえか、雨はそれほど嫌いじゃありません。
 もちろん外出する日や、暫く振りにバイクに乗るようになってからは恨めしくも思いますが、この日のように風がなくてひたすら強めの雨が降っている時の雨音はマスキング効果もあってなかなか落ち着きます。
 特に隣のビル建設の工事騒音がここ数ヶ月酷いんだけど、その爆音すら和らげてくれる、ほんにありがたい新現象です。
 
 さて本日、その鉄板と鉄格子だった屋上にコンクリートが張られました。 さて雨音の変化や如何に?

| | コメント (0)

幻と諦めかけていたワークマンの防水フィールドブーツが入荷!

 未明、ルーチンワークで品切れ商品の再入荷をチェックしていたら、ワークマンの防水フィールドブーツの、しかも欲しかったベージュのLのみが8個購入可能となっていました。
 
 この商品、バイク用に必須なんだけど、発見した7月からこれまで二ヶ月以上「○月中旬入荷予定」とアナウンスされながら結局私が巡回している限り一度も在庫あり表示にならなかった商品です。
 黒なら実店舗にあったんだけど、うっとおしい雨の日のライディングにわざわざ暗色を選びたくもない、とずっとベージュを待っていたのでした。
 
 ところがなぜか今回このベージュのLサイズのみが在庫に上がってて、あとは相変わらずの全部ゼロ。 こ、こ、これは神のお導きっ!と即購入しました。
 さぞ今頃はあっという間に売り切れなんだろうなぁ、と夜が明けたいま見たら、あれ?私が買ったままの残り7...

 いや、これから秋雨のシーズン。
 コンバースでのライディングは雨を躊躇なく吸い込むのでズブズブになるのですよ。 一足先にワークマン で揃えたレインウエアとあわせてこれで盤石なのであった。
Boots

| | コメント (0)

恐怖と化した夏が終わろうとしている

 ここ一週間ほどで急に涼しくなりましたね。
 ビールが美味しくなくなったのがその証拠かなと。 何というか快楽の味が背徳の味にすりかわるというか。

 とりあえず暑さだけは終わったと見ていいでしょう。 まずは熱中症の危険性は無くなって、むしろ朝晩の室温調整を間違えると風邪を引く可能性がでてきました。 このご時世、ただの風邪でもグシュグシュしてると白い目で見られますからこれはこれで面倒なことです。
 
 台風や大雨はまだ可能性が残っていて、今年新たな被害を受けられた人は申し訳ないと思いつつ、台風やら前線の位置をネットで睨みながらとにかく免れますようにと願う季節になってしまいまいました。
 これまでもたまに大きな水害が起きることはあったものの、ここまで頻繁に、しかも毎年苛まれるようになったのは空恐ろしいものがあります。

 実はマンションに住んでいるとこれまでは少々なめていたというか、鉄骨づくりだから風は大丈夫だし、十数階まで水がくるわけもなし、と安心していました。 が、二年前の台風はその鉄骨づくりのマンションを揺るがすほどで、窓の向こうには飛来物がバンバン飛び交うのを見て認識を新たにしました。
 なにせマンションには普通雨戸はありませんからね。 実際二年前の台風では風邪で飛んできたトタン屋根がマンション上層階の窓を突き破り、比較的窓から離れていたという住民の首を飛ばすという恐ろしい事故があって、それを思い出すと正直足がすくみます。
 
 横殴りの雨はひさしがあっても窓に打ち続け、雨だれの跡がいっぱいです。
 こないだの連休に一度洗おうかと思ったものの、まぁまだ秋雨前線ってのがあるのかと、晩秋の晴れを待つことにしました。
 
 一方でご飯が美味しくて困りものなのだが...

| | コメント (0)

motoGP見るのにG+要る?

 毎年motoGPシーズン終了とともにCSの日テレG+を解約し、年が明けてシーズン開幕にあわせて再契約しております。
 ところが今年はこの厄災、シーズン中断から再開までが長いため一旦解約。 二ヶ月ほど節約(大した額じゃないけど東京読売巨人軍ジャイアンツのファンだと勘違いされたくないので)したのちにまた再々契約するというドタバタぶりでした。

 ところがここ数戦、G+が録画できません。 今年のmotoGPは、あの無法者が長期欠場でほぼ毎レース新しいウィナーが生まれるという面白さなのに、なんていうことでしょう。

 原因はアンテナレベル低下のようで、BDレコーダーのユーティリティーで調べるとアンテナレベルが20台。 下には「レベルが50を下回ると視聴・録画に支障をきたします」と添えてあります。

 状態はというと、デジタル放送独特の横筋ノイズが多数入るくらいならまだしも、全く映らない状態の時もあります。
 面白いのは、どうでもいいようなプロレスやジャイアンツ関連の時の信号レベルは比較的マシで、motoGPライブのような人気コンテンツ放送時にがくんと落ちること。 なんかまるで一本の電気配線に多数の利用者が群がって電圧低下を起こしているかのようです。

 そんなバカな? いえ、うちのマンションはケーブルテレビ会社が配信する共同視聴ですから、あり得ないとは言い切れません。(ご存知かどうか、ケーブルテレビを契約していなくてもマンション全体の共聴システムをケーブル会社が請け負っています。 ケーブル契約可能なマンションでは普通なんだとか)

 と途方に暮れていたら、たまたま途切れ途切れに録画できたときに福田が出演する例の日テレ一時間番組のテロップを目にしました。 これ、東京地上波ローカルだから大阪では見られないとずっと思ってたら、いつのまにかBS日テレでやってる! おりょ、日本全国どこでも観れるがな。

 早速覗いてみると、短いながらも日本人ライダーを中心にmoto2,3のダイジェストもあるし、motoGPも美味しいところが全て詰まって全部で一時間。 まるで昔の大相撲ダイジェスト。
 あとあとあと、あの押し付けがましい下痢垂れ流しの宮城解説を聞かなくてもいい!

 もちろん予選やスタート前のグリッドでの様子なんてのは楽しめないんだけど、全く見られないことを考えるととてもありがたい。 もともと適当に飛ばし飛ばし見ているときもあるし... なんて考えると、ふと「あれ?だったらG+もう契約しなくていいんじゃね?」と。
 
 日テレがどうしてこれまでの東京ローカルからBSに移したのかよくわからないし、おそらくは日本全国にBSでチラ見せし、ひいてはCS契約してね、ってのが狙いなんだろうけど、私の場合、逆の結果になるかも。

 とはいえシグナルレベルの問題は管理組合にお願いしてケーブル会社に調整に来てもらいました。 その結果、シグナルレベルは50を回復。 とりあえずは良かった、直ってる。 アニメ視聴には必須のBS11もノイズ気味だったのですが、これもレベル回復していました。
 
 それにつけてもG+、悩ましいのである。
Cs2

| | コメント (0)

楽天モバイルがドコモ・au回線の新規受付を終了してた

 酔っ払ってネットをふわふわ〜っとしてたら、楽天モバイルがドコモ・au回線の新規受付を終了してたことを知りました。
 
 元々の料金の安さに加え、元フュージョンテレコムの資産を生かした質の高い音声通話と電話番号通知システムなど、今ではさすがに加入直後の1,000円ではないとはいえ1,600円強で私はこのサービスに満足しています。
 が、上記サイトによると今年4月に楽天が自前回線を開いたのを境に他社であるドコモ・au回線の新規受付を終了したそうな。 半年も前? 知らなんだ。
 
 ま、でも当たり前といえば当たり前。
 様々な問題は指摘されつつもとにかく自前回線を開いた以上、他社に塩を送る必要が無いのには納得できます。 もっとも、私のようにそれまでに加入した契約者には(今の所)従来通りの接続サービスが提供されているので危機感がないのも事実。

 

 一方で自前回線楽天モバイルとiPhoneの相性の悪さは有名で、私の愛機、初代SEではまったく利用できませんし、最新機種でも一部機能が使えないようで、自前エリア拡大の速度や勝手に申請した端末の仕様を変更していた事件など、なんだかすっきりしないですね。
 
 噂のiPhone 12が仮に5G対応だったとしても、楽天モバイルのドコモ・au回線SIMで対応できるのでしょうか? 流れ的には4G制限されそうな感じ、

| | コメント (0)

Apple WatchのNFC特性

Gwatch

 昨年の夏、G-SHOCK風のApple Watch用バンドを買いました。
 今年も長袖を着なくなった頃に交換したところ、やっぱり、と確信したことがあります。 こっちの方がノーマルよりNFCの打率が高いのです。

 NFCというのは駅の改札やらコンビニ、スーパーなどでカードやスマホをかざす「あれ」で、Apple Watch(s.4 40mm)の場合、よく空振りというか二度かざさないとパスしないことがあります。
 あ、これはスーパー(イオン)だけでの話で、あえて音が鳴るまでピタッと受信部に当てるようには努めているとはいえ駅の改札では問題ありませんし、ローソンでも全く問題なし。

 ところがイオンで決済するたびに返す手首の角度を変えてみたり、盤面をべたっとくっつけてみたりあれこれ工夫するのですが、それでもこれが正解!というのを見つけられません。

 一方このG-SHOCK風バンド、バンドというより本体ごとはめ込むケースみたいな感じで、盤面保護のため周囲に3mmほどのガードがついています。 これだとNFCの受信機との距離ができてさらに感度が悪くなるんじゃないかと思ってたら意外と空振りはせず、そのうち昨年の夏が終わりました。

 そこからまたノーマルやらミラネーゼ風パチモンに戻すと、また時々空振りするように。 この時はG-SHOCK風のことは忘れていたのですが、今年また使ってみて全く空振りしないのを改めて体験、なんだ結局盤面と受信機が離れていた方が安定するのか、と確信した次第です。

 じゃノーマルバンドでもベタっとつけるんじゃなくて浮かし気味の方がいいのか?そういえばカードやスマホを使ってる人は確かにかざしだだけで利用しているじゃないか。
 と、たまたま仕事の都合で数日間ノーマルバンドに戻したときにあえて受信機から離し気味にしてみたところやっぱり空振り。
 この空振り時、一度離してもう一度使用カードを表示させると問題なく通るので、じゃ最初から二度接触してみるか?と試すもこれもだめ。

 なんだろな、と首を傾げつつG-SHOCK風に戻すとやはり打率十割復帰。

 目に見えない電波、奥が深い。

| | コメント (0)

ハウスのソテーカレーというのを試す

Curry2 ハウスから出ているソテーカレーというのをカレー好きの娘がいる日に作ってみました。
 
 普通のカレーとどう違うかというと、その名の通り煮るのではなくあくまで炒めるのがメイン。 またルーではなくペーストなので水に簡単に溶けて五分ほどで硬めの粘りが出ます。
 つまりめちゃ時短。

 写真のプチトマトとナスは箱書き指定のものだけど、ゴーヤも加えているので意図せず夏向きのメニューとなりました。

 この硬めの粘り、ご飯よりも何かにディッピングするのが向いてそうなので、今回はナンとフォカッチャを用意(写真なし)。 イメージ的には翌日カレーをパンにつけて食べるあの感じかな。
 
 なぜか今回は中辛と辛口の両方が手に入ったので二箱同時に作っちゃいましたが(ゆえにフライパンではなく中華鍋)、ディッピングを考えたら辛口がいいかもしれませんね。
 あと、関西人なので指定の豚肉では少々舌が寂しかったです。
Curry3

| | コメント (0)

天下のUFJが高齢者イジメを堂々と始めた

 昨日、月末ゆえ税金を支払いにUFJに。
 当然STMを使うつもりだったのですが、すでに腰が前に曲がるのみならず、後ろから見ると背骨がS字にくねった老婆がすがりついていました。
 あらら〜、なんてチャレンジャーなの? 窓口で頼めば良いのに、と正直冷ややかな目で見つつ、しばらく様子を見ていました。

 その時点ですでにSTMの待ちは一人。 正直イライラしているのを抑えながらひたすらお待ちになっていました。
 その老婆、最初のうちは横にロビー担当の女性がついてあれこれ助けていたのに、そのうち「よろしいですか?」と言って立ち去り、そのあと老婆は一人で作業を継続。
 おいおい大丈夫かいな、と見ていると、とりあえずピポパとタッチパネルを打ってはいたものの、ふと見ると手前の伝票棚にさらに4〜5枚の支払い伝票があり、それを老婆は震える手でスロットに入れては吐き出され、また入れ直すという絶望的状況。
 
 そうこうしているうちに待ち人が一人二人加わり、三人が老婆の後で天を仰ぎながら順番を待つようになりました。
 この時点で14:50。 あかん、もうええ、STM諦めて手書き伝票にしよう、とどこの銀行にもある伝票を書く机に向かう。 するとそこには引き出しや預け入れの伝票はあるのに、馴染みのある公共料金払込用の用紙がありません! そしてその用紙があった場所にはSTMを案内するラミネート案内紙が一枚だけ。
 
 そこで私は察しました。 UFJは公共料金の窓口受付を廃止し、STMに全面移行したのだと。
 いまSTMに奮闘している老婆は、これまでは全て窓口で一括して処理をお願いしていたのでしょう。 それがSTMに移行したものだからいやでも電子端末に触れざるを得なくなったのです。 だったら銀行都合でしょ、最後まで老婆の横で誰かが補佐してやれよ。 
 完全なる企業主導のデジタルデバイド。
 
 確かにまたまた持病で政権を去る総理大臣が、お抱え日銀総裁とグルになった低金利政策で銀行の経営状況は地に落ちています。 支店の統廃合、ATMの削減、希望退職者大規模募集などなど。
 が、このS字脊椎老婆からかつて銀行は融資、振込、年金などでさんざん手数料や金利を貪ったにもかかわらず、たかだか公共料金払込で公開放置プレイに処しています。
 なんちゅう冷たい組織や>UFJ
 
 今時のマーケティングは、条件として「それが社会にとってメリットがあるのか」というのを加えています。 例えば環境であったりユニバーサルデザインであったり。 その点でUFJは高齢者イジメという真逆の反社会的マーケティングを堂々と行なっていることになります。
 これが天下の一流企業、一部上場一流金融機関のやることかと。

 さて私の納税、もう時間切れが明らかになったので期日納税を諦め、なんとも不愉快な気分でUFJを後にしました。 が、家に戻って納付書をよく見るとコンビニでも扱っていることに気づきました。
 もともとこのあと郵便局に行く用事があったので、その途中のファミマに持ち込んだら待ち時間ゼロであっという間に納税完了。

 ここはローソンじゃないけどまさにコンビニは「街のホットステーション」だと痛感しました。
 逆にUFJを筆頭にした銀行は「コールドステーション」いや「アイスステーション」。
 とはいえ今や窓口やらロビーの行員風情はほとんどが派遣かバイト。
 後ろの方に座っている数名の正社員、あとは本社にいる数十名の選りすぐりのエリートの給与を守るための合理化だと考えると店頭の連中に文句言っても仕方ない。
 
 あの老婆も冷たい銀行なんかに世話にならずにコンビニに行けば良かったのに。
 そしていろいろ大変でしょうが、これからもよろしくお願いします>コンビニの店員さん

| | コメント (0)

リーガルの革靴をリペアした

 長年スーツやらネクタイに縁のない生活をしていると、革靴を履くのは卒業式と年4回ほどの検定試験の監督官、つまり年に十回にも満たないことになります。
 
 だから愛用しているリーガルのスリッポンもいつ頃買ったんだろう?となかなか思い出せないほどで、今の専門学校に通いだした頃だからえ〜と、二十年くらい前?
 
 さすがにこれだけ時間が経つと、いくら使用頻度が少ないとはいえ傷みが目立ってきます。
 中でも靴裏の指の付け根に相当する部分が一番酷くて、雨が降ったら靴下まで濡れるであろう状態に。 さすがにこれは悲しい。
  
 リーガルは昔からリペアシステムがあり、よし卒業式が終わったら五月の検定に間に合うよう依頼しようと決心したのはいいけど、このコロナ騒ぎで卒業式は中止。 それどころか街に緊急事態宣言が出そうな勢いになったので慌てて梅田のショップまで足を運びました。 なんとこれが結果として緊急事態宣言前日となり、私の靴が関東にあるリペアショップに発送された直後からその店は臨時閉店となりました。
 
 ほぼ忘れそうになってた5月、ショップからリペア終了の連絡が入ったのはいいけど、残念ながら五月の検定は中止。
 それから三ヶ月が経って次の検定が昨日行われ、やっとご開封。
 
 よく見ると裏、中敷、かかとの交換+清掃で、うわ嬉しい、めっちゃ綺麗になってます。
 上の革は以前のものなのでなにより足に馴染んだままなのも良い。 そして靴裏の素材も少し柔らかくなったのか少し歩きやすくなっています。
 費用は1.7万円。 新品買うより安い。 何より足に馴染ませるまでの苦痛が無いのでむしろ新品よりオススメかも。

 まぁ多分死ぬまで革靴はこれだけで事足りるんだと思ふ。

Regal1 Regal3

| | コメント (0)

«アニメの女の子が流す涙に癒されてる