初めてのカード請求詐欺

.Card

 いやぁ、安心できない世の中になってきました。 
 今月分のカード請求が確定した、とメールが来たので、一応確認しておくかぁ、程度にサイトにアクセス。 すると30万円ほど。
 普通ならこれで驚くんだけど、ちょっと今、仕事絡みの買い物の為にこの程度の金額になることがよくあります。
 
 とはいえ何となく、その下に続く明細に目を移すと、「BILL ITUNES COM」名義で何度も何度も請求が続き、一件あたりざっと1万円、ひどい時は一日11回で、合計30万円ほど連なっているではありませんか!
 自分のiTunes登録はこのカードではありませんから、100%詐欺であると確信。

 いわゆる「身に覚えがない請求が来た時は」的行動を起こすべくカード会社のサイトを探すと、今は個人情報保護の関係で、カード会社ではなく、請求を起こした会社に連絡せよとこのとで、「BILL ITUNES COM」もその一つでした。

 早速Apple Careサービス&サポートラインに電話を入れてみる。
 アップルのサポートデスクは開発関連で嫌な思いをしているので、一抹の不安があったものの、この件は全く問題なく、特に「本当にお客さん、買い物したんじゃないんですよね?」みたいなことも言われずに、基本詐欺ありきで話が進みました。
 しばらく電話の担当替えで待たされるも、この日は自宅で仕事、0120回線なので問題なし。
 請求は全て削除されたうえで、該当カード番号がiTunesストア上で無効化されました。 先に書いたように、本来のApple系の私の買い物は別カードで行なっているので、この処置に不満はありません。

 で、Appleサイドとしてはここまでで、カード会社の方には特に連絡しない、とのこと。 まぁ、それはありえないんだけど、個人情報保護の関連でそう言わざるをえないんでしょう。
 ならば、とこちらが勝手に連絡入れておきますよ、とすぐにカード会社に連絡、事の顛末を報告。
 カード会社側も請求元が請求を撤回した以上何も文句はないわけで、ただし問題の起きたカードは無効化され、新番号で再発行する、とのこと。
 
 落ち着いてあれこれ考えるに、なんでこんなことになったのか。
 以前にも別カードで中国経由の引き落とし時に想像以上の対応になって驚いたことがありましたが、今回のカードは、amazonとYahoo!でのショッピングのみで、それ以外での使用は一切ありませんでした。
 にも関わらず、裏面のセキュリティコードまで抜かれた可能性があるというのは恐ろしいというかなんというか。

 この点、苦情ではなく、何なんでしょうね?的に電話口の女性に話してみると、最近はカード番号の特性を分析し、あとは短時間に膨大な数の順列組み合わせをサーバーに浴びせることで解読するケースもあるそうです。 それって何度かログインに失敗したらアクセス拒否になるシステムはどうなってるの?と思いつつ、それが麻痺するくらいのDDos的なやり口なのかもしれません。
 あ、いや、amazonのマーケットプレイスかなぁ。 ラズパイ関連で何度か中華店舗から買い物したし。 だとすると、amazonは出品者にカード情報を流している?

 ともあれ、海外旅行にも行ってないし、店頭でも使用していないからといって安心できる時代ではなくなったということです。 私に限ってカード詐欺なんて、と思わずに、毎回請求書のチェックを欠かされませぬよう..

| | コメント (0)

久々に体調を崩した(謎)

 ここしばらく、体調不良の覚えがない、いわゆる健康だけが取り柄。
 そんな私のお腹が、えもいえぬ不快感に襲われたというお話。

 思えばその前々夜、未明にお腹を下したのが前兆だったのかもしれません。
 翌日は自宅で仕事。 いつものごとく余っていたご飯を玉子めしにしてお好み焼き風に焼いたものを昼食にしました。
 そしてこのあたりから時間が経つにつれて、なにか気分が悪いというか、でも何処かが痛いというわけではない、いわゆる不快感が募ってくるように。 そういえば運動不足か、とプールに行ったら、ちょっと頭がふらついてきました。

 あれ?なんだこれ?と狼狽つつ、天涯孤独、常在戦場。 
 幸い、夕食の材料は前日に買っていたので、なんとか調理。 豚の生姜焼きは結構好きなのに、なんということでしょう。 私の辞書から消えたかと思われていた「食欲がない」という有様。 一人前をやっとこさ口に押し込むという感じで、こんなの俺じゃねぇ!
 
 思えばここしばらくいい睡眠が取れてなかったからか、とも思い、愛用の胃薬であるキャベジンを嚥下、9時には布団に入ってとにかく寝ることに。
 その間も、お腹周りを中心とした不快感は収まらず、軽い嘔吐感と軽い瀉下感がありつつ、しかし実際にそれは起こらないという中途半端さが続いています。
 さらにどう寝返りを打っても出っ張った骨が痛くなって、確かに煎餅布団ではあるけど、あぁこりゃ自律神経系がトラブってると確信。 このお腹周りの不快感も消化器系の不良だということになります。
 
 とはいえ、胃薬はさっき飲んだばかりだし、とにかく寝る。 酒なんか要らない。 タバコ吸ってた時も似たようなこと感じたけど、酒は健康だからこそうまいんだなぁ、と痛む体を寝返り打ちながらひたすら寝続ける。
 そして朝、都合十時間寝たにも関わらず、ほとんど体調改善せず。
 
 軽い嘔吐感と瀉下感も続いているものの、まぁ人前で突然催すこともないだろうと、登校。 この辺りでげっぷが多く、その中に昨夜食べたものの匂いがするのに気づきました。 つまり胃から食べ物が動いていない、と。 昼過ぎにはこれまた十年ぶりくらいかと思える胸やけを体験。 この間、便通はもちろん、おならも出ません。 いよいよ消化器系が鈍い感じです。 

 こういう時に限って夜は夜でGSの監視バイト。 とりあえず(諸説あるけど)消化が良いとされるうどんを食べ、再びキャベジンを飲んで出勤。 まぁ仕事とはいえ、こちらはずっと座っていられるので、一種安静みたいなもんです。 幸いにして腸も動き出し、徐々に胃が軽くなってくるのを感じます。
 朝になってやっと便意も回復。 リアルな話、出たものの色が薄かったことから、一時的に胆汁が少なくなったせいで消化が滞ったのかもしれません。
 
 でも、なぜそうなったのかまでは思い当たらないというか、確かにいろいろ悩みはあるものの、これといって過大なものではなく、この程度のストレスでこんなことになるとするなら、今後が思いやられるというもの。
 健康だけが取り柄っての、奢れるものは久しからず也、ってことでしょうね。 自愛自愛。

| | コメント (0)

車内で急病の方がおられたため

 ほぼ毎日、と悪口を垂れたくなるほどJR西日本は遅れまくっていますが、朝によくあるのが「車内で急病の方がおられたため」という理由。
 車内で急病ってなんだろう。 いかにも繊細そうなOLが突然へなへなと崩れ落ちるんだろうか、とか想像しつつ、薄情な私は正直、んなもんホームに放り出しとけよ、と心の中で舌打ちしています。

 で、この夏、環状線のとある駅でのこと。
 ホームに入って来た電車のドアに男がもたれかかっている。 おいおい、ドアが開いたら転げ落ちるぞ、と思ってたら、その男はドア横のバーにしがみついてなんとか転がり落ちずにすみました。
 見るとかなりの老人。 よれよれのスーツを着て、手に真新しい紙袋。 誰かを訪問に行くのか。
 
 が、そのバーを握る力も徐々に衰えてきて、膝を折った状態でちょうど電車とホームの間にしゃがみ込むような形になりました。 当然ドアは閉められない。
 場所は編成の前の方で、車掌に見えない可能性もあり、私が大きく手を振って後方にダメ出しの合図。 そしてほぼ同時に車内の二人の男性が爺さんに駆け寄り、自力で立てないのを確認すると、そのうちの一人が駅員を呼びにホーム下の事務所に走り出しました。
 あぁ、合理化の皺。 昔なら必ずホームに一人は駅員がいて、こういう事態になるとすぐさま駆けつけくれたのに。
 そのうち最後尾から車掌が走って来て、どこか関係先に携帯で電話連絡。 その辺りでやっと駅員が上がって来ました。

 この爺さん、意識はあるものの、相変わらず足に全く力が入らない様子なので、とりあえずみんなで抱えてホームに引きずり出し、たまたま目の前にあった元売店の壁にもたれかけさせました。 あとは駅員に任せ、車掌はまた最後尾まで走ってドアを閉めて電車が動き出します。 この間、十分弱でしょうか。
 文字通りホームに引きずり出し、駅員呼んで手当の手配をしただけでもこれだけ手間がかかるわけで、こういうのがあちこちで起こっているのかぁ、と走り出した車内で妙に納得。
 
 最後にちょっと面白かったのは、大阪駅で降りるとき、私を含め、爺さん救護に関わった三人が「あ、どうも、ごくろうさまでした」と会釈して別れたこと。 もちろんお互い見ず知らず。
 いえ、私は薄情者ですよ。 一方通行(アクセラレーター)と呼んでくれ。

| | コメント (0)

VNC非対応のマシンを遠隔制御する

Remote8
 
「どうやって遠隔地のモニター画面を見るか」シリーズ
、大して人気がない中、黙々と続け、ついに完成しました。

 液晶モニターの画面は設定した時間が経てばオフになるようJavaScriptを組んだまではよかったけど、USBエミュレーターを操作する画面と、モニター画面を同居させるのに難航。
 お互いのjavaScriptとstyleSheetのいいとこ取りして一つのhtmlファイルにしたものの、jqueryの配列エラーがどうしても解決できず、まぁいいや一般ユーザーが使うページじゃないし、と言い訳してかつて使い慣れたフレームを使うことに。

 ところがframeってhtml5で廃止されたんだとかで、iframeなるものを利用。 centerタグも非推奨だとか、ほんに昭和は遠くなるばかり。
 それでもなんとか上のキャプチャーのようなものができあがり、恐る恐る外向けの回線に乗せ、インターネット経由で使ってみたら、確かにローカルよりは遅くなるものの、想像したよりはましだったのに一安心です。
 この回線、以前に報告したLTE利用の非常に遅いものですから、一般的な光回線ならローカルテストとほぼ同じレスポンスが得られるような気がします。

 いやぁ、しかしもう慣れたとは言え、「こうしたい」と考えても、必ずどこかで躓くのはなんなんでしょうね。 そして何だかんだ悩みながらもいつも必ずそれは乗り越え、「やれやれ、次はこれだ」というところでまた躓く。 もう定番ロールプレイングゲームみたいなもんです。

 一ヶ月前にラズパイを買って以降、パソコンハードとLinux、I/Oポート制御、電子工作、プログラミング、コーディング、ネットワーク等々、よくもまぁこれだけこなせたもんだ、というか、器用貧乏のシンボルみたいな仕事となりました。 はい。

| | コメント (0)

残念ながらあなたのアカウントAmazon.co.jpはブロックされます

 ってメールが二度ほど来て、最初はフィッシングだろうと即刻無視したものの、二回目はちょっと気になって調べてみました。
 よく読むと「ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。」と言いながらfromがnoreplyになっているあたりがダメなんだけど、それでも納得するために一応。
 
 Macのデフォルトメーラーである「メール」で貼られているurlを調べると、おお、ログイン画面の出来が良い。 日本語もちゃんとしている。 これを見て一瞬信じかけた。
 でも、そもそもhttpsじゃない。 
 このログイン画面、パスワードと共にアカウント名まで訊いてくる。 これ、フィッシングなら一発で漏れ漏れですよね。 ところが、本家の方も、ログインをしようとすると(当たり前だけど)確かにアカウント名を訊いて来ます。 常時ログインを常用していない人はむしろごの画面に慣れ切っていて、つい入力してしまうかもしれない。 う〜ん、紛らわしい。
Amazonfish

 では、と今度はメーラーで詳細を表示すると、Received:⁨from bhalu2eshop by dwcl.digiworldcomと出た。 なんじゃこりゃ、と試しにindexらしきurlを叩いてみるとこんなんしか出て来ず、意味不明。
 ちなみに、まともなAmazonからの到着予定メールでは、Received:⁨from a25-8.smtp-out.us-west-2.amazonses.comとなっています。
 
 正直、今まで多数のフィッシングや詐欺メールを受信しつつ、全てレイアウトが崩れていたり、日本語が変だったりと、こんなん騙されるほうがアホやでと思ってましたし、自分ならもっと巧妙にやるんだけどなぁ、なんて自惚れたことも考えていましたが、今回のはちょっと危なかったです。
 ちなみに下のは純正ログイン画面。
Amazonright

| | コメント (0)

無法者M.マルケスには師匠がいた

 一気に書こうとしたけど、やっぱ分けたほうがいいのかな、と昨日のM.マルケスmotoGPチャンピオン獲得の続き。

 彼の肉弾ライディングには実は模範がいるというか、いつだったか、ペドロサやドヴィなど数人がまとまってコースアウトするアクシデントがあったとき、ペドロサは「僕たちはこういうことをやってはいけないんだ」とコメントしていました。
 私は「僕たち」という表現が気になって、じゃ誰が「僕たち」の対岸にいるのか? 多分それは複数形でM.マルケス以外に誰を指すのか? ロッシでしょう。
 遡ること7年前のストーナーとの事件、その後もチームメイトだったロレンソとのもてぎでのラフプレー等々、今マルケス「だって前を走るやつが遅いんだもん」と見本にしていると言われても仕方ないのがかつてのロッシでした。
 
 ストーナーが引退時、「チャンピオンに対して敬意を表さない世界が嫌になった」と言ってましたが、今思えば、それはマナーもスポーツマンシップもない(と映った)ロッシを指していたと私は思います。 
 M.マルケスにしても、最高峰に上がって彼なりのラフライディングが批判されだした時、「ロッシなら良くて僕ならダメなのか?」みたいなコメント報道が記憶に残っています。

 それがコークスクリューでマルケスが前年の恨みを晴らしたあたりから流れが変わりだし、今ではロッシがM.マルケスのプレーに苦虫を噛み潰す表情を浮かべるようになったのも時代の流れを感じます。 この推移をロレンソやらストーナー、遡ればビアッジなんかがどう感じているのか非常に興味があります。
 
 でもね。
 ここに挙げた元祖肉弾ライディングと後継の二人、世界的にmotoGPファンを二分するといってもいいくらいの人気を誇っているのは事実です。
 つまりは危険な勇者が愛される、と。

 わからないでもありません。 
 私がF1に完全に興味をなくしたのはブロックの連続で、追い越す時は必ずクラッシュ絡み的な展開にうんざりしたからですからね。
 ペドロサやロレンソ(これもmoto2時代は荒っぽかったけど)のような古武士的スタイルが受ける日本が世界的には少数派で、それを考えると、モータースポーツはやはり狩猟民族的格闘技なのかな、と思ったりもする秋の夜長でした。

 そして来季はこの古武士と無法者がレプソルホンダでチームメイトになるという...

| | コメント (0)

motoGP、祝福できないチャンピオン

 これを書き出した時点でまだもてぎの録画を見てないんだけど、夕方にホンダから来たマルケスが今年のチャンピオンを獲ったというメールを見て、そうなるとはわかっていたとはいえ、正直うんざりして録画を見る気がなくなりました。
 ※その後、早回しで再生、ラストでドヴィが自滅したのを見て停止、消去。 ゴール後のマルケス&陣営の馬鹿騒ぎも見たくない。 二度見する気なし。 ただしおめでとう>クラッチロウ

 世界中で93を応援するファンの多さが46に次いで多いのは知っているけど、彼のあの傍若無人な、暴力的、時に文字通り殺人的なライティングスタイルが好きになれません。 てなことは4月にも書いてるんだけど、相変わらずの殺人ライディングが続いているのでまた書きます。
 
 順位を上げるためなら他を走るライダーにコース上でぶち当たって押し出し、時には転倒させることさえ厭わないスタイル、あれです。
 グリッド上でエンストしてもオフィシャルの指示を無視する非常識さと、それを許す関係者さの甘さ。 他のライダーにすれば「あれをやってもいいなら俺もチャンピオン取れるよな」というのが本音でしょう。

 今年限りで引退するペドロサにしても数年前、アラゴンでM.マルケスにぶち当てられてリアアクスルの配線をぶち切られなければ一度くらいは年間チャンピオンを取れていたかもしれません。
 
 レース前半は他人を蹴落しながらポイントを稼ぎまくり、ある程度チャンピオン獲得の見通しが立ったら突然おとなしい走りに切り替えて確実にポイントを守るスタイルも気持ち悪い。
 肉弾戦が好きならプロレスとかアメフトとかに行けばいいのに。 こけない曲芸が好きならサーカスに行けばいい。
 
 今頃はマルケスファンが二日酔いで喜びの余韻にまだ浸っているんだろうけど、全てのmotoGPファンが喜んでいるわけじゃない、ということで。

| | コメント (0)

どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(4)

 最後に残った作業のうちの一つ、液晶モニターの無駄な点灯を防ぐ対策。
 文字通り、モニターの常時点灯を避けることで液晶の焼き付き、バックライトの劣化を防ぐことが目的ですが、同時にカメラの焼きつきを防ぐことも含んでいます。 カメラとモニターのセッティングが終わったプラスチックの箱を黒いカバーで囲ったのもその対策の一つ(撮像管への刺激を最小限に留める)。
 
 最初はモニターについている電源スイッチをいじろうとしたものの、あまりに小さくて入り組んでいるので、単純に電源を供給しているUSBケーブルを加工することに決定。
 USBですから、また5V、リレー制御です。 最初に制作した基盤にノコギリで軽く切れ目を入れ、あとは手で折って元気な個体を流用。
Remote6

 USBケーブルの一番外側の被覆を慎重に割くと、中には赤、黒、青、白とカラフルな線が四本。 そっか、実際には電源だけしか流れてないけど、配線はフルに来てるのか。
 でもどれを切るの? 常識的に+は赤だよな、ネットで見てもどうやら赤で間違いなさそう、とニッパーでプツン。 気分はジャガーノート。 
 これらを慎重に半田付けし、コイル側をGPIOに接続してテストすると、あっさり成功。 MJPG-Streamerとwebiopiの組み合わせでも確実にモニターをオンオフできるのを確認。

 ただし、一個増えたリレーのおかげで100均ケースの中が狭くなり、ショートに気を使わなくてはならなくなりました。 次回同じものを作ることがあれば、リレーが7個ずらりと並ぶ基盤を用意したほうがいいのかもしれません。
 消費電流については、実際に同時にリレーが働くのは最大で2個という設計ですから、ラズパイの電力不足はまず問題ないと踏んでいます。
Remote7

 ただこれ、消し忘れると意味がないので、時間経過により自動オフにする仕組みが必要になります。 最も簡単なのは既製品を利用することですが、ラズパイがあるのになんかそれも間抜けな気がして、さてwebiopiでやるのかpythonか、ほんとはphpでやりたいんだけどなぁ、とか思案中。

 さぁ、あと一息です。

| | コメント (0)

シチューオンライスというのを見つけた

 行きつけのイオンは毎週火曜がセール日で、定番として玉ねぎ、じゃがいも、人参などの、大凡カレーに最適な野菜が安くなります。 品質も人参がすぐしょぼしょぼになること以外はそこそこで、この日にカレーなどの例えばシチュー、ハヤシライス、肉じゃが、ポトフやポテサラの野菜を仕入れます。

 とはいえ、これもパターンになってしまうとなんとなく飽きてくるというもので、なんかないかなぁ、と悩みつつ売り場を歩いていたら、ありました!ハウス製「シチューオンライス」なるものが。
Stewonrice

 要は、シチューなんだけど、カレー的にご飯にかけることを前提に作ってあるということで、ちょうどご飯を多めに炊いていたところなので、思わず飛びつきました。
 これは豚肉に最適化されたカレー風味なんだそうで、他に牛肉最適化、鶏肉最適化のパッケージも並んでいました。 いや、昨今牛は高いので、今日は豚用で。

 作り方はどちらかというとハッシュドビーフに似ていて、最後に牛乳を300cc加えますから見た目はクリームシチュー的です。 が、味は確かにカレー風味、ご飯に合う。
 豚肉ということでニンニクを加えましたから、ビタミンB1の摂取も万全。
 翌朝には全量完食、昼には残りませんでした。

 うん、次は牛版、鶏版もぜひ試してみよう。

| | コメント (0)

どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(3)

 とりあえずラズパイ直結カメラで3.5インチモニターを写すことは成功したけど、ケースへの固定をしなくてはなりません。
 カメラの方は両面テープ、それもカメラ裏に飛び出した1mmほどのビスの頭を避けるために、少し厚みのある両面テープを使用。 でもこれって熱とかでポロっと外れそうなので、細いタッピングネジ二本で補強。

 モニターは本来ラズパイの上面に直挿しするような設計で、周辺に取り付け用ステーなどはありません。 よってドアの隙間を防ぐためのスポンジテープで少し柔らかめに固定することに。 左右からと、上部から支えます。
Remote3

 カメラとモニターの距離は、最初の実験ではとりあえず映ったのの、遠くて正直判読しづらく、現実的な操作は難しいと感じました。
 対策として、まずラズパイ側のMJPG-Streamerが用意する視聴ページのスタイルシートをいじり、本来撮影している640×480をドットバイドットで表示されるように変更。
 これを試しに800×600とか1280×960にもしてみましたが、ローカル環境でも明らかに遅延が大きくなり、グローバル環境ではまず役に立たないと諦めました。

 さらに実際に設定で見たい部分は画面の3/4位であることに気づき、ならば、とモニターとカメラの距離を徐々に近づけ、設定画面がぎりぎり映るように変更。 同時にカメラのピントも手動で調整。
 モニターとカメラの位置が決まれば、あとはできるだけ外部の光に影響されないように黒いカバーをかけ(実は毛筆習字用の下敷き)、下記のように、web上の640×480動画でメニューの文字がなんとか操作可能までに読めるようになりました。
Remote5

 例のリモートUSBエミュレーターも、ポインター移動速度の調整をやり直し、カメラ画像を見ながら監視カメラユニットを操作できることを確認。
 
 残る仕事は一つのページに画面と操作ボタンを収納するコーディングと、無駄なモニター点灯を防ぐタイマー的ハードの考案の二つとなりました。
 もっとも、インターネット経由で使ったらレスポンスとか問題出るのでしょうが...
Remote4


| | コメント (0)

«どうやって遠隔地のモニター画面を見るか(2)