日本のSceneKitの原点

Bontourou1

 お盆に的を絞ったiOSアプリ、ver.1はほぼほぼ完成で、あとは公開申請に必要なマーケティングサイトを整備すれば終了です。
 このアプリについての詳細はAppStore公開時に改めて書くとして、今日はこの核となった技術のAppleのSceneKitというフレームワークについて。

 今回のアプリには3D技術が必須であるとはわかりつつ、swiftの知識も今ひとつなのに、さらに3Dなんてなぁ、と遠い目で途方にくれること数年。
 とりあえずSceneKitというフレームワーク(3DCGライブラリ)がiOS上での3D空間開発に必須というのがわかり、いつものようにジュンク堂へ。 というか、それ以前にネットでも書籍検索をし、日本語で書かれたSceneKitの参考書がないことは薄々わかっておりました。 そして案の定、頼りのジュンク堂でも発掘できず。

 これにはiOS開発言語がここ数年でObjective-Cからswiftへと徐々に、しかし確実に移行しているのも原因の一つで、書棚の下の方にデッドストック的に残っているiOSの3Dやらゲーム関連の書籍はObject-Cベースのものばかり。 さりとて出版業界も今さら全面swiftに対応した改訂版を出す気もないようです。 たぶん、もう多数の素人がXcodeを立ち上げてiOSやらのアプリを作る時代は終わったという(商売にならない)との見切りもあるのだと想像します。
 
 Appleは盛んにデベロッパー参加を煽り、日本の小学校でもプログラミング教育が始まろうという昨今ながら、戦場は先鋭化したプロしか売れるアプリが生み出せないほど高度化しているという乖離が透けて見えます。(売れるアプリを作れるプログラマーを養成しようっていうだけじゃないのはわかっていますけど)

 ま、それはさておき、日本語で書かれた専門書がないのは辛い。 と改めて具体的なキーワードでネット検索すると、はてなで全編90回に渡るSceneKitの解説記事を発見。 あまりに膨大すぎて題名をエクセルで別途管理しないと大変、なんて罰当たりなことを言ってしまいそうなほどの貴重な資産です。 本当にありがとうございます。

 読み進むうちに、SceneKitにはSceneEditorというのが用意されていて、GUIで3D空間を用意できることがわかり、これが先日書いた、たった数時間の自習時間の監視で大きく開発が進んだ理由でもあります。
 といっても最終的にはそれらのシーンをswiftで繋ぐのに苦労するんだけど、それすらネットの他の方の記事を参考に確実に乗り越えることができました。

 WatchOSの開発時にも同じくネット上の先人にお世話になりましたが、あれも紙じゃなくてKindleベースでしたっけ。 いやほんと、今更ながら改めてデジタルの恩恵を再確認した次第です。

| | コメント (0)

第二種電気工事士検定、学科にパス

Passed1
 先日書いた「とある検定」というのは、第二種電気工事士検定でした。
 元はと言えば、昨年の夏ごろ、ラズパイを使った監視カメラ制御みたいなことをやってたとき、電源増設時など、いつかは必要かもしれないと感じたのが引き金でした。

 が、実は家庭内の電気工事というか作業の許認可が今ひとつわかってなかったというのが本音でもありまして、例えば壁に埋め込んである人感センサー付きスイッチや、リモコン内蔵スイッチなどは勝手に取り替えても良いと思っていたのです。 これを資格保持者に聞くと、住人が自宅のをいじる範囲で訴えられるようなことはないけど、いわゆるネットポリスというか、正義原理主義者、別名ヒマ人揚げ足取り主義者には格好の攻撃材料になるかもしれないと。 それはつまらん。

 ということで、昨年また別の検定に落ちた時に感じた記憶力の減退もあって、とりあえずまだやる気があるうちに取っておきたいと思ったのが動機の駄目押しです。
 
 いや、面白いよ電気は。 なにより家の周りの電柱の一番高いところに張ってある送電線がなぜ三本なのか。 交流とは言えプラスとマイナスでしょ? だったら二本か、三相なら六本必要でしょ? と子供の頃から漠然と感じていた疑問。 これが三相交流の特性を学んであっさり氷解しました。 実を言うとこのネタは、万が一学科を落ちた時に「これがわかっただけでも満足」的な言い訳にしようと思っていたくらいの目から鱗でした。
 
 直流についてはクルマ関連でそこそこ複雑な継電器制御回路までつくれていたにもかかわらず、いや交流は曲者というか、いろいろ違っていてほんと面白いです。
 
 はい、そんなこんなでよかったですね。 ではありません。
 この後に実技試験が控えています。 まぁいいや、学科受かってるから実技はパスするまで何度でも受けよう、なんて寝ぼけたこと思ってたら、実技は二回しか受けられない、つまり二回落ちると再度学科受験からやり直しというルールがあるのを知りました。
 
 えらいこっちゃ、ならば実技も一発でパスするくらいの心構えで臨まなくちゃ、と学科自己採点後に意を決意して購入したのがこのダンボールの中の実習キット。 これ以外にも実技受験に必要な最低限の工具セットやら参考書やらで、これは結構経費のかさむ検定だと今頃気がつきました。
 
 ということで、ここしばらく、夜中に空き時間を作ってひたすらケーブルの皮をムキムキ、ムキムキ。
 でもこれ、なんか楽しい。 ひたすら回路図を見ながら黙々と配線作業。 気がつくと、子供のころ、ひたすら組み立て説明図を見ながらプラモデルを作り続けていたころを思い出します。 やっぱ、こういうのが好きなんですね、はい。
 
 これ以上のさらなる詳細は無事実技が通ってからということで...
Material

| | コメント (0)

ご飯にゼラチン

Rice2

 なぜか書く機会を失ったまま数年経っているのが、白米を炊くときに混ぜるゼラチン。
 元はと言えば二年以上前にNHKのガッテン!でやってたネタです。
 ガッテン!のネタには時々「?」ってのもありつつ、これはとても素晴らしくて以来ずっと継続中。
 
 うまいご飯を炊くコツの一つに大量炊きがあり、確かにこれまで一番美味しいご飯だと思ったのが、知り合いが経営している焼肉屋のそれ。 訊くと二升とか三升を一気に炊いているのだとか。
 一方で我が家はと言うと、もともと同居人は白米を取らないようになり(にもかかわらずデブ)、さらに今は娘が不在なので、米を食うのは私のみ。 いえ、体重には気を使ってはいるものの、糖分は五大栄養素の一つ。 お菓子で取らずにご飯で摂れば良い。
 だから量はというと、一度に二合ってところですから、美味い大量炊きには程遠い条件です。

 が、それでもなんとかそこそこの米でそこそこの味を頂いているのは、このゼラチンのおかげ。 理屈はゼラチンが炊飯中により高温下に米を閉じ込め、さらに炊き上がった後も水分を保つって仕組みです。
 コツはと言えば、入れすぎは厳禁で(なんでも消しゴムの味がするようになるのだとか)、二〜三合ならスティックタイプの半分くらいが適量です。
 
 この仕掛けを知らない(私もあえて伝えない)同居人が、数ヶ月に一度くらい思いついたように米を炊くのですが、この時に感じるバリバリ感というかパサパサ感が逆説的にゼラチン炊きの値打ちを証明しています。
  
 また、ゼラチンには豚由来のものと牛由来のものがあり、炊飯には牛由来が向いているそうで、森永から出ているクックゼラチンが手に入りやすいです。 お菓子づくりをしている人にはお馴染みかもしれませんね。
 
 炊きあがってからさらに十分ほど蒸らし、まずは仏壇に備えた後に小皿に少し掬ってつまみ食い、もとい試食。 あぁ生きてて良かったぜって思うくらい、この瞬間がささやかに至福。
 

| | コメント (0)

2019春アニメが超不作で助かった

 気がつけば、毎日働くというマラソンな日々を送っており、なかなかここの更新ができずにおります。
 と言っても、ブラックとか、休みを下さい、と呻くようなものではなく、学校の授業を除けばヌルい仕事ばかりで、頻度は落ちたものの水泳にも通っていますし、毎夜の夕食もちゃんと作って、むしろ健全な毎日です。 単にやることが詰まっているだけという。
 
 まずは、とある検定の学科に多分パスしておりまして、それに続く実技試験の練習に励んでいること。 「多分」ってのは受験日翌日にネットに上がった解答を見ての自己採点ゆえ。 公式の合格通知を待っていては実技試験の準備が間に合わないのです。
 ところがこの対策練習が面白くて...、あ、これについては正式な学科パスの連絡が来たら改めて詳しく書きたいと思います。

 次に、意外というか嬉しい誤算だったのがiOSアプリの制作。
 日本のお盆に的を絞ったアプリで、そもそも制作を思いついたのがもう4〜5年前。 必要な絵を学生に頼んでいたんだけど描いてもらえず、結局PIXTAで見つけました。
 とはいえ3Dが絡むし、さてどうするべswift、と途方に暮れていたところ、先日学校で終日自習監督をするという一日があり、この時一気にことが進みました。 そこから数日しか経ってないのに、すでに自分のiPhoneにはそのβ版があるという超速展開。
 う〜ん、これはありがたい、というか面白い。 やめられない。

 

 最後は夏休み最後の峠として、冒頭に書いたのとはまた別の検定に申し込んだこと。 いやこれ昨年落ちたもので、もう意地だよね。 リベンジだよね。 でも記憶力が日々曖昧になってゆく中、急がないとね。 なにより不合格通知を受けた時の、あのなんとも言えない不快な胸の締め付けはもう味わいたくない。

 というわけで、すでに八月末までみっしりと予定が詰まっている中、なにより春アニメが超不作で助かりました。
 
「ガンダムORIGINE」
 まぁ、いつか観るかもしれない、見たいと思うかもしれないので録画継続。 でもライブで観る気が全然起きない。 やっぱ私はファーストはだめだわ。 やっぱSEEDか、せいぜいターンA。

 

「消滅都市」
 何より、五花観た後では、ヒロインがずっと一着の服を着続けている設定がありえない。 進行とか脚本もダラダラっとしてて、結局ライブで観るのを止め。 消去するかどうか逡巡中。
 
「さらざんまい」
 意味不明で、さらにその意味不明に魅力が感じられない。 ただ、ピンドラがいつのまにか面白くなっていたのに気がつかなかったトラウマゆえに録画継続。 ただ、消去するかどうか逡巡中。

「キャロルアンドチューズデー」
 絵のテイストは嫌いじゃないのに、なんか各キャラクターが鼻についた。 ストーリー展開も先が見えたような気がして数話で切り。
 
「ワンパンマン」
 ファーストシーズンの気楽さが影を潜め、なんか重くなって来た。 消去するかどうか逡巡中。

○「異世界カルテット」「超可動ガール1/6」「放課後ミッドナイターズ」
 で、結局こういう超キワモノだけは見てたという。 ミッドナイターズに於いては尺の長さたったの一分。 でもほぼ毎回腹を抱えて笑ってました。 この凝縮感、最高。

 いやほんと、時間がない中、今季の超氷河期クラス不作はありがたかったです。 さて夏はどうなるのかなぁ...

| | コメント (0)

2019年前期の放送大学

Ouj19f

 今年前期の放送大学は下記の三科目を観ています。
 
 ・食と健康
 ・Webの仕組みと応用('19)
 ・計算の科学と手引き
 
 「食と健康」はいわば栄養学です。
 小さい頃からの食生活、その後の溢れるような情報によって、あれは実は体に悪いとか、何々は止めて全部あれこれにしろ、だとか、はて?本当はどうなんだろう?と思うことがよくあります。
 多分それは、自分が老境に向かおうとしているのに加え、ここ数年ずっと夕食を自分で作っているせいもあると思います。
 カリキュラムの内容は、「タンパク質をしっかり摂って野菜も忘れず」的なものかと思ったら、さすが専門過程。 「栄養というのはそもそもは化学ですから」といきなり化学式の基礎から始まりました。
 うん、でもやっぱりすごく為になりますよ。 歳をとるほど肉を食え、と近年よく言われていることについても非常に論理的かつ明快に説明してくれています。 アミノ酸スコアなんてのは生まれて初めて知りましたが、これがとても印象的でした。

 な〜んとなく自炊を始めて、それが長くなってきた人には必見かと。

 「Webの仕組みと応用」は、初回を見た時、あれ?これ一度見たことがある、と思い調べて見たら、担当教員もそのままで2019年版としてリメイクされたバージョンでした。
 Webについて、一応一通り知っているつもりでも、実は怪しい部分があったり、ここ数年の動きの新しい技術を正しく知らなかったりというのが、特にこの世界は目立ちます。
 例えば、先日アップルも参入を表明したシングルサインオンも、利用してはいるものの仕組みは知らなかったりするので非常に実利的です。
 高校の情報授業でこの辺りを教員がつらつら説明するより、これをずっと流してた方が良いかもしれません。

 な〜んとなく自己流でWeb制作に絡み、気がつけば長くなってきた人には必見かと。

 「計算の科学と手引き」、これは時々ある、自分で選んでおきながらさっぱりわからないという自虐的な内容だろうと思っていたら、どうやらコンピューターのプログラミングを意識した内容であることを知って、俄然興味が湧いてきました。
 アルゴリズムの説明では、今更ながら、あぁそうかだからああいう場合は配列を使うのか、とか、高校の時には何のために存在するか分からなかったlog対数が計算の効率化のために役立つこととか、クソなアプリしか組めない私には非常に参考になります。

 な〜んとなく自己流でプログラムを学び、気がつけば新しい言語に付いてゆけない人には必見かと。
 
 例によって、夏休みには一挙放送がありますので、もしご興味がおありの方はぜひどうぞ。

| | コメント (0)

うっ... 単行本派が最新週刊に手を出してしまったぜ

Maga3

 五等分の花嫁、作者公式ページを見てたら、今週の少年マガジンが表紙に加え巻頭カラー扱いになると知りました。
 このコミック、私はデジタルで買ってて、つまり単行本派。 週刊誌の進行は気になりつつも、こちらに手を出すことは本来は禁忌。

 が、カラーページなのである。
 デジタル版でカラーページはそのままカラーで読めると思っていたら、表紙以外は白黒でした。 この辺は全部まとめていつかビジュアルブックとしてまとめられるとは思いつつ、実際にカラー表紙の週刊誌が本屋の店頭に並んでいるのを見ると、あああ、と手に取りレジに。

 秋から五人のキャラクターブックが順を追って発売されるという情報は嬉しかったけど、肝心の本文というか本漫画の方は... げっ、風太郎が小学校時代に修学旅行で出会っていた五つ子が○○だったとはっ!
 推理ラブコメとも呼ばれているこの作品でこれを知ってしまったことは、かなりのダメージです。 覚悟の上の最新話読みとはいえ、来週月曜日に発売されるコミック第10巻の重みがぁ...
 
 仕方ない。 と心を落ち着かせて改めて何十年ぶりかに買った少年マガジンの感想はというと。
 「印刷ひどい!!!!」
 コストやら重量の都合もあるんだろうけど、紙質の悪さに加えてインク濃度が低く、細かいトーン指定などが台無し。 でもそれが大した問題になっていると聞こえてこないのは、週刊誌ではストーリーのみを押さえ、画質はコミックで堪能するという流れが定着しているのかもしれません。

 でもね、画質でいうと多分デジタル版の方が単行本より優れているかと。
 私のデジタルコンテンツは楽天kobo版なんだけど、これを27inchのiMacでみると、単行本サイズはもちろん、オリジナルの週刊誌版を超えるサイズ(見開きA3オーバー)で、しかも紙やインクというアナログノイズゼロで堪能できます。
 学生からの回し読み要望に応えられないのは残念だけど、数ヶ月後にまた読むであろう今週の最新話もこのクオリティならまた改めて期待できるというものです。(風太郎が他の五つ子と楽しそうに話しているのを見てショックを受ける○○の表現とか)

Maga2

 あ、冒頭写真の右は蒼鋼ネタで、同じく表紙買いしてしまった号です。
 今やキリクマとして癒し&お笑いキャラになってしまったキリシマ、実は私はこいつが美しいと思っています。 
 こちらは月刊誌なんだけど、紙と印刷のクオリティはずっと良いです。 300円 vs 570円の差だと言われればそれまでだけど。

| | コメント (0)

ブルーレイドライブが今度は二年半で壊れた

Bd_drive

 パソコン用外付けBDドライブが再び壊れました。
 一代目は三年半ほど持ったのに対し、今回壊れた二代目は二年半。 ちょっと早くない?
 
 今回のトラブルはドライブ自体は認識されるものの、BDを読み込めない。 多分光学レンズ周りのどこかが壊れたのでしょう。 この手のトレイと光学レンズが一緒になってイジェクトされるタイプって見た目からして危なっかしく、おまけに二代目は9mmスリムモデルと銘打ってさらに薄くなっていましたから、素人目の耐久性への不安が的中したという感じです。

 てなことで、次も同じロジテックを選ぶ義理はないし、この手のトレースライドタイプはインサート時にイジェクトボタンを押してしまいがちでうっとおしいし、と今度は光学レンズが固定されたタイプを探すことに。
 結局、価格は3〜4千円高くなるものの、パイオニアのBDR-XD07という蓋つきの、いわゆるクラムシェルモデルをいつものamazonではなく、ここしばらく仕事関連でポイントが数万円分溜まっていた楽天で無償入手。
 
 あれ? これWindows上でCPRM対応可能なPowerDVDがバンドルされてる。 あらら、CPRM対応以外大したメリットもないこのアプリを五千円ほど叩いて半年ほど前に買ったのに。 ウルウル...
 
 ま、それはさておき、今更MacでもWindowsでもちゃんと動いています、なんて報告なんて不要でしょうし、特に読み書きが目に見えて速くなったというわけでもありませんが、今度は長持ちしますように...

| | コメント (0)

独居老人の自炊生活を憂う

 娘が短期留学に出て三ヶ月。
 その間、ずっと同居人に夕食を作り、互いに無言で食しています。 まぁ、それはいい。
 自分で納得がゆく献立が作れることはむしろありがたいこと。

 が、この同居人が突如、この献立にしてくれ、と写りの悪いiPhoneの写真を見せた。
 どうも、プチ断食というのをするらしく、月曜の夕食を断食、その他の夕食も野菜、それもカロリーが高いジャガイモやニンジンなどの根菜を除く、とある。
 はぁ、さすがにそのスターウォーズのジャバみたいな腹をなんとかしないとと思ったのか。 それとも持病の高血圧が悪化したのか。 会話しないので詳細不明。
 
 もちろん幾ばくかの食費をもらっている以上はそれに従うけど、私は特にそんな制限の必要もないので、普通にタンパク質やら脂質を含んだメニューを加えることになります。
 ところがここに問題発生。

 スーパーの場合、豚ステーキだとか、ハンバーグ、魚の切り身、鶏ももなど、大方は2〜3人前前提。 4人なら2人前×2で賄えるので、ある意味普通の家族構成ならこれはこれでいい計算式。
 ところが今回のように、一人前だけ、となると探すのに結構苦労します。
 焼き魚にしようかと思っても一人前だけの切り身なんて売ってなくて、仕方なく不本意ながらもいわゆる総菜物、つまりすでに焼きあがったものを買ってしまうことになります。
 煮魚も一人向けに炊くとなると中途半端で、比較的小分けができている刺身に手を出しがち。
 最近餃子は味の素の冷凍にしてたんだけど、これも一人には多すぎて、そしてフライも一人前だけのために油温めるのもなぁ(そもそも一人用の粉付きフライ素材なんて売ってない)、やっぱ油悪そうな惣菜かい、と一事が万事こんな感じ。 なんのために自炊の調理油を全てオリーブオイルにしてるのか。
 当然カレーやシチューも一人分なんて作れるわけがない。
Sawara

 あぁ、でも世の独居老人はこういう悩みを抱えているのか、と気づきました。
 ある程度料理を作り慣れ、ささやかながらも毎日食べたいものをしっかり食べたい、と思っても、これじゃぁなぁ、とふとスパ地下食料品売り場に佇む私なのでありました。

 あ、冒頭のプチ断食。 合間に糖分たっぷりのグレープフルーツとか、「おかずのみ」となっている昼食にチキンラーメン食ってますから、絶対効果あるはずありません。
 低アチベットダイエットで一夏で5kg、二年かけて10kg落とした私はそう言い切れます。
 この人、相変わらずの喫煙者だし、死ぬまでこうなんだろうなぁ、と諦観。

| | コメント (0)

久々にMac雑誌を買ったのは

Macfan

 Mac雑誌って今では滅多に買わないんだけど、Appleが広告で使った曲の特集があったのでMacfan 6月号をレジに。

 特集そのものと同時に惹かれたのが、各曲紹介ごとに二つずつついているQRコード。 これをスマホで読み取ると、一つはiTunesストアに、残りはYouTubeにリンクするようになっています。
 つまり記事を読みながら紹介されている曲と映像を確認できるわけで、なるほどこういう方法があったか、と。

 YouTubeへのリンクに特に許可がいるわけでもなく、iTunesの方もアプリで数十秒視聴できるシステムと同じだし、これなら印刷媒体で音楽やら映像に触れる可能性がずいぶん広がると思いました。 今更ながらQRコードのメリットを再確認したという話です。
 
 ただ…
 なんか面白い曲と出会えるだろう、への期待はハズレ。
 全三十余曲あって、これは、というのは全て古めのロック系ばかりで、新しいのにもう一度聴きたくなるようなのはありませんでした。

 いや、良い曲はもう無い、なんて厚かましいことを言うつもりは全く無いんですよ。
 主に夕風呂と炊事時間にはこんな方法で音楽を聴きながら、お!っというのに出会ったら即曲名メモしてiTunesストアで探して、という努力は続けています。
 が、それもよくよく見たら二十年くらい前の曲だったとか、う〜ん、って感じ。

| | コメント (0)

他人のWindows10からMacのパブリックに接続させる方法

 これ、何を今更、というネタに見えて、実は難解でした。
 ポイントはMac側のパブリックを誰に公開するかで、単にファイル交換目的で自分しか使わないのであれば、ネットやら本に載っている方法でいいんだけど、例えば教師用MacのパブリックをWindows10を使っている学生に公開する(まさしくバプリックな使い方)となると、途端に情報がなくなります。
 Macユーザーであれば、他のMacのパブリックフォルダーにはノーパスで簡単にアクセスできるのに、Windowsからはパスワード認証が必要であることが問題のポイントです。

 うちのコースは、入学とともに個人用MacBook Proを購入させますが、転コースや留学生など、どうしても手持ちのWindowsマシンしか用意できないという例も稀にあります。
 今年度がまさしくそれで、前例から多分5〜6年ぶり。 その間にMacもWindowsもOSが変化し、当時はなんとかなっていたMac-Win間のパブリックフォルダーを通してのデータのやりとりができなくなっていました。(Windowsがsmb1をデフォルトでオフにしたという話は関係なし)

 家に帰ってからEl Capitan(MacOS 10.11)のパブリックにWindows10から接続するテスト環境をセット。 結果、少し手こずりつつも解決策が見つかりました。

 ポイントはユーザー管理。
 ネットで一般的な情報では、システム環境設定の「共有」しか触れていませんが、ここの「オプション...」で出てくるユーザーは、同じシステム環境の「ユーザーとグループ」でコントロールされています。
 ですから、普通はここには管理者(多くの場合は自分)が表示され、そのパスワードはログインもできるレベルですから、そのまま他人に教えるわけにはいきません。(逆に自分だけが他のマイWindows10マシンからアクセスするならなんら問題はない)

 そこで「ユーザーとグループ」左下の+ボタンから、例えば「windowuser」(仮)という共有のみに権利を絞ったユーザーを作り、パスワードも「pass」みたいな簡単なものをセットします。 ログインはさせず、ローカルエリアだけのパブリック公開なのでこの程度のゆるさでも問題はありません。
Winpub1

 それから「共有」の「オプション...」を押すと、Windowsからアクセスを許可するユーザーのリストが出るので、windowuser左のチェックボックスをON。 するとパスワードの設定を迫られますので、ここに「ユーザーとグループ」で設定したパスワードを入力します。
Winpub2

Winpub6

 次にWindows10でエクスプローラーを立ち上げ、上部のフィールドに、¥¥192.168.1.1¥的なMac側のローカルIPアドレスを入力。(.localのホスト名でも可)
 するとユーザーとパスを聞いてくるので、先ほどMac側で設定した「windowsuser」の情報を入力。 これで上がりです。
Winpub3 Winpub4 Winpub5

 注意したいのは、ここでWin10上に現れるのはMac側の「共有」で管理者が恣意的に設定したフォルダーであって、「windowuser」のパブリックでない、ということ。 落ち着いて考えるとわかることながら、煮詰まっているときには意外とハマるややこしさかと。

| | コメント (0)

«AppStoreで異なるバージョンのアプリを共存させる