何も敬老の日にやらんでもいいだろう

 昨日は久々の仕事なし。 う〜、二週間ぶり。
 敬老の日たって、祖父祖母はもちろん、両親すらすでに他界しているので縁ないなぁ、と思いつつ、休みは休みで延ばし延ばしにしていた映像編集をせにゃならんので昼前からiMacに向かう。

 で、たまたまつけた正午のNHK FMのニュースが終わったら、敬老の日特別番組で「オヤジロック三昧」とかが始まった。
 
 え? 敬老の日に? ロック?
 
 う〜む、ついに恐れていたことが起こったか、と反射的にラジオのスイッチオフ。
 ううう、ついにロックがこまどり姉妹になってしまったのか、と(意味不明ですよね、12年前にこんなことを書いています)。
 
 映像編集は音声も必須なので、その後一時間ほど仕事に没頭。
 一段落したので、気になって再度ラジオのスイッチオン。 とこれがまた悔しいことに選曲が良い。
 BBAのSuperstition、Santana、Claptonと続くのだけど、哀愁のヨーロッパやレイラを選ばないところが渋い。 Cocaineなんて、どこのライブ音源だ、という有様。
 今改めて、選曲リストを見たけど、さすがにベンチャーズのパイプラインはあれども、ビートルズはWhen I'm sixty-fourとShe's a womanとあえて外したところで去なすなどなかなか...
 
 このままぶっ通しで流してくれたら仕事ができないやんけ!と戦慄したら、さすがNHK、突然音楽評論家の何某が出て来て、おかげで解脱することができました。 この辺りのダサっぽさもNHK伝統というか、ある意味裏切らないというか。
 
 しかしなぁ、敬老の日にロックかぁ...
 でもなぁ、格好いいんだよなぁ... 俺たちのこまどり姉妹はロックだったのかぁ...
 
 自分の書いた話に音楽を入れるのが好きで、こないだ久々に書いた話の末尾の曲がLong train running。 まさしくおやじロックそのものやんか...
 
 そう、敬老の日なのである。 来年還暦なのである。 我が敬われるのである。 あ〜る。

| | コメント (0)

ジャパリパークにいってきました!

 と描いてあるエコバックを買ったというお話。
 
 長年、毎夕の買い物に使っているエコバッグがボロボロになって来ました。
 そろそろ買い換えないとなぁ、と身近で目にするものは花柄とかババ柄とかピンとくるものが無く、ずるずると使っていたら、底が薄く透けて来て、いつ抜けてもおかしくない状態に。
 
 そしたらたまたまamazonでけもフレのエコバッグを発見。
 値段が安いのと、何よりプリントがシャレていてたのでポチッとな。
 
 よく観光地で売っているお土産の「◯◯に行ってきました」アレンジになっていて、確かにジャパリバスははっきりしてるけど、サーバルとラッキーはよく見てみないとわからない程度の小ささ。
 商品ページのカスタマーレビューにあるように、知らない人にはアニメグッズとは気づかれない、という味付けがなかなかよろしいかと。
 
 ただ、到着した実物を見ると、布地は薄めで、エコバッグ用途では多分長持ちしないと思います。(これもカスタマーレビューに書いてあったので納得済み)
 
 あ、長年使ってたのは、うちの高校が100周年の時に販売してたもので、これまた同窓生?である亡母が買ったものでした。 色はすごいババ紫だけど、なにせ丈夫で、それなりに気に入っていたという...
Japari

| | コメント (0)

しばし感心

 今朝、日産の「高効率エンジン加工技術のライセンスを独ヘラー社に供与」というニュースを見て、へぇ...日本がドイツにエンジン加工技術を、としばし感心しました。
 
 第二次世界大戦の昔、ドイツの直列エンジン用クランクシャフトを設計図通りに加工できず、結局現物を引き取りに行った日本の潜水艦が、対潜探査技術を大幅に進化させた米軍にぼこぼこ沈められた、という特別番組が印象に残っていたからです。

 まぁ、詳しく調べれば別にこれが初の事例なのではないのかもしれませんが、70年経ってやっとなぁ、という我ながらジジくさい感傷に浸ったのでした。

| | コメント (0)

朝日新聞の夕刊コーナーに真摯に意見してみた

 朝日新聞の夕刊に「女子組」というコーナーがあって、さらに定期的に「オトナの保健室」なるコラムが組まれ、先日は「すれ違い続ける男女の性」という題名で、いわゆる「なんで男はいつもスケベなのか」的女子視線で書かれているのを読みました。

 その主張そのものではなく、方法が古臭いというか、脳医学的に禁煙できる時代になったのにもかかわらず、「禁煙はまず見えるところに『禁煙するぞ!』と書いた紙を貼りまくることから」と訴えるような非科学的な内容だったので、末尾に書かれているメルアドに下記の意見を送りました。
 あ、いわゆる低次元な炎上の類ではありません。 @niftyのフォーラムで学んだ多様な価値観を前提とした意見表明、というやつです。
 
 なお、原文は、
 http://www.asahi.com/articles/DA3S13108626.html
 で、読めますが、会員登録(無料)が必要です。
 
 では、以下、原文ママ。
 
=============================================================

 8/29付「すれ違い続ける男女の性」を読んで、私の意見を送信させていただきます。
 指摘されている問題は、AVとアイドルを絶てば解決するようなものではなく、もっとヒトの根源的・生理的な科学に目を向けるべきです。
 
 近年、脳に関する研究が進み、ヒトが異性を性対象として意識するとき、脳のどの部分がどう反応するか解明され、男性は女性の体のスタイルを種の保存本能として重視するといわれています(NHK 女と男 最新科学が読み解く性)。 つまり欄外の漫画にあるような、女性の体を意識・無意識問わず眺め回すのはその延長とも言えます。
 また、その隣のコマで自分を青年と思い込んでいるという下りも、いしいひさいち氏が著書(徳間書店 ヘン)で「老人は概ね自分のことを25歳くらいに思い込んでいて、あるとき道端のショーウインドウに映り込んだ自分の姿を見て愕然とする」と述べられています。 これは一生男性ホルモンが止まらない仕組みが原因であるとも言われています。
 
 ヒトがやっとヒトになった頃はまだ家族習慣はなく、とりあえず子供が自分の足で歩けるくらいまで、つまり母が自由に動けない間のみ男が食料の面倒を見て、その期間が終わればさっさと立ち去って次の土地へ移動しました。 今の感覚でいうと薄情にも思えますが、それが優秀な種の保存という生物の本質的な行動だったことは他の生物を見ても明らかです。
 我々人間の脳は古い層の上に新しい層が重なるように進化しており、理性の下の奥深い場所ではこのような原始時代の記憶が残っています。 そして今日もそれが時折顔を出します。

 また、AVが無い時代から小説や写真集の類は存在し、春画の存在まで遡れば、現実離れした過激な描写はなにも今始まった風潮ではありません。 いわんやアイドルに至っては全くの無関係です。 つまりAVを否定するならばそのような出版物も同時に規制しなくてはならないのですが、同時にこれは表現の自由を制限することになります。 ずっと昔から続く過激な表現の出版物には触れず、映像であるAVのみに照準を当てるのは問題をぼやかせてしまっています。
 性的刺激を視覚に求めたり、ムラムラするのは本能の問題・思い込みだからそれを戒めることから始めよう的な意見は、生ゴミをラップでぐるぐる巻きにして無臭無害に見せかけているだけです。

 もちろん、だからそれは誰がいつでも見られるようにしておいていい、という話ではありません。 見せたく無い人たち、見たく無い人たちへの配慮は今よりもっと厳しくされるべきという主張には同意いたします。

 男性には女性のように閉経による性ホルモンの停止がありません。 おかげで先に書いたように、老人であっても気持ちは25歳程度に保つことができ、これを仮にポジティブに捉えたとしても、一方でずっと女性を性行為対象と見続けることも引きずって行くことになります。 そのような、言い換えると悟りのない性(さが)故に買い求めたアダルト雑誌を子供に発見され、嫌悪されては、むしろその抑圧された欲求の行く先が気になります。 この抑圧がいくら検挙され報道されても、暴行、痴漢、虐待、セクハラ、盗撮がなくならない一因になっているという分析もあります。
 
 これらがこれまで大きな問題として捉えられなかったのは、男尊女卑の時代背景と、問題が顕在化するより早く男性の寿命が尽きたことが挙げられます。 つまり高齢化社会が本格化するとともに、これからは中高年の性の問題も考えなくてはなりません。
 そのためにも、道徳や概念ではなく、科学的に分析し、論理的な対応策を見つけなければ提議された問題は解決しないと私は考えます。

| | コメント (0)

ICOCAからSMART ICOCAへ

Icoca

 盆が明けて忙しいのである... 休みが無いのである...

 さておき、長年使い慣れたICOCAからSMART ICOCAに切り替えました。
 いや、素のICOCAって何の特典もなく、金額的には回数券の方が絶対に得なんだけど、それでも素のICOCAにこだわり続けたのが、写真の限定デザイン。 結構好きなのだ、イコちゃんを。 だからわざわざヤフオクの即決価格で手に入れ、もう軽く十年は使っている気がする。

 実はICOCAの場合、チャージ時の領収書を確定申告の際に計算するのがすごく面倒。 かと言ってパソリリーダーでは使用履歴も含めて過去10件ほどしか記録に出ない。
 んで、今みたいに平日ずっと梅田や三宮に通うようになると、それなりに結構な金額になるので、チャージも結構面倒。 ポイントもつかないし。

 いっそJR東日本のモバイルsuicaにしてiPhoneに入れれば、と思ったら、好みのSE(5s)サイズにはNFCが搭載される噂すらありません、
 そんなこんなで、ようやくクレジットカードでチャージができて、利用額が請求書から簡単に計算、ポイントもつくというSMART ICOCAに切り替えを決意した、というわけです。
 
 大阪駅のサービスカウンターに行けば即日交付というのを知り、学校の帰りに寄り道。
 一応、カードのデザインは選べるんですか、と訊いてはみたものの、やっぱりデフォルトのこの一種類のみなんだとか。 なんだろなぁ、今時銀行ですら2〜3種類用意してるのに。
 
 まぁ、常々財布の中にしまい込んでいるので、たまのチャージの時にしかカードづらは見ないんだけど、なんか寂しいのである。 一時期流行ったシール張りでもしてみるか。(鉄道各社は厭忌してたっけ)

| | コメント (0)

初海外旅行が一人で非英語圏?

Lucas

 娘が一週間ほどのイタリア旅行に出かけました。
 兄に倣って費用は全て自分で稼ぐという、うん、自分の子供とは思えない自律行動。
 出発当日は授業がある日だったので、関空まではるかの始発で行けば、と言ったら、珍しくはっきりと「え〜」と不満げ。 あぁそうそう、これは兄との不公平に抗議している時です。
 兄の時は家族揃って二回ぐらい関空に車で見送りに行ったもんね。 なんやねんその不公平、と言いたいわけです。

 これ、思い出すに、彼女が大学通った時に「〇〇(兄の名前)はMac買うてもうた」と抗議したの同じ。 いや、あれは留学時の支援として買ったから、入学時じゃない、と説明すれども、「〇〇はMac買うてもうた」と二回繰り返して不公平を強く主張、結局MacBook Airを買わざるを得なくなりましたっけ。

 そんなこんなで朝5時に家を出てゲートで見送った後、とんぼ返りで車を返却、無事いつも通り授業に間に合ったわけですが、昼過ぎには足元がなんか揺れているように感じるくらい疲れました。

 で、娘。 この旅行が初海外で、ひとり旅、しかも非英語圏。 別に第二外国語がイタリア語というわけでもない。
 周りの呑気な連中は、実は彼氏と一緒やでとかいうけど、正直なところ、男とでも一緒の方が安心というものです。
 出国前、開店直後のスタバで今更だけど、と理由を聞いたら、友達と行ったら結局USJやら温泉行くのと同じノリになって海外に行く意味がなくなる気がするから、という返事。
 なるほど。 偉いというか、無鉄砲というか。
 え?でも、あんたそもそも国内ですら一人旅行したことなかったんじゃなかろうか。
 
 つまりは今時の子供って、海外の存在ってとっても身近だということなんでしょうかね。
 並行して貧しい家庭向け(?)の留学補助金制度も申し込んでたし、これで無事帰ってきたら自信持ってまた外へ飛び出すんだろうなぁ。
 
 ただ、ありがたいのは昨今のネットワーク。 メールでもLINEでも連絡はつくので、安否確認は楽だし、金が足らない場合でも振込やらチャージができるシステムがあります。 写真すらリアルタイムに送ってくる。
 こういうシステムゆえに今時の子供は海外旅行っていってもそれほどビビらないのかな。
 
 ま、何より無事に帰ってきますように...
Lucas2

| | コメント (0)

けもフレがSFだと誰も教えてくれなかった

 けものフレンズ、通称「けもフレ」の再放送最終回が北朝鮮のミサイル発射もどこ吹く風、あっけらかんと放映されて終了しました。

 いや、このアニメ、凄いです。 冬の最初の放映前、公式ホームページで絵だけを見て完全にスルーしていた私の判断が恥ずかしい。
 だって猫耳擬人化少女が一杯の扉絵を見て、「これいらない」と思ったのは私だけじゃ無いはず。 ところが、最初の放映が終わった頃、ネットに「あれは2話から見るもんだ」との書き込みも見て、あれ?もしかしてやらかした?と後悔するようになっていました。

 そんな折の再放送、確かに2話で朽ち始めた遊覧バスが出てくるあたりで心を動かされ、エンディングに廃墟になった遊園地の写真が出た時点でノックアウトされました。
 あとは、「『けもの』はいても『のけもの』はいない」というテーマソングの通り、いじめや引きこもりなど面倒臭い人間(獣?)模様がなく、ひたすら安心しながら展開の解釈にのめり込めたのもSFの王道とも言えます。

 食物連鎖を一切断ち切っていることなど、都合主義もありつつ、一方で雪道で動けなくなったバスの車輪にクローラーを嵌めるあたりはめちゃリアルで、そのメリハリがいかにも娯楽作品のツボです。

 で、このあたりではっきり気づきます。
 舞台となった「ジャパリパーク」、最初は「ジャパンにあるサファリパーク」と思ったのですが、「ジュラシックパーク」のもじりであったということ。
 
 そして最後に設定や脚本の凄さで、最終回まで謎を引っ張るということをせず、途中から、カバンの正体や、パークの現状など、視聴者にはほぼほぼわかってきます。 が、それはむしろ計算済みで、我々は次に「なぜ?」「どうして?」とさらなるSF的推理を楽しめるように組んである。

 かつてピンドラのように、早々に切ったアニメが途中から面白くなってた、という後悔から、とりあえずは全部録画し、後からどんどん落とす方法を始めたのに、いつのまにか一話前から公式ページ見て判断する横着を覚えてしまったようです。 今回はたまたま再放送があったから良かったものの、こうしてストーリーテラーとして非常に勉強になる作品を見落としてしまっていたことを反省。

 しかし、こうしてみると2017冬アニメもそこそこ豊作だったんですねぇ...

Kemofure

| | コメント (0)

このダウンロード数が不気味

Download

 え〜、あまり馴染みのない絵でしょうが、これがAppsストア上の自分のアプリケーションがどれくらいダウンロードされているか、あるいは売れているかの管理画面です。
 
 で... ここ一週間ほどの数字が尋常ではないのです。
 ピークであった8/25では総ダウンロード数225!
 内訳はAppleWatchをメトロノームにするBeat on Wristと、TANU2というiMessageステッカーのみ。 Beat on Wristは公開後から通算で990、TANU2は737ダウンロードという凄さ。
 いや〜、これ単に数字が上がって嬉しいというよりも、何かおかしいというか不気味であります。 言っちゃなんだけど、それほどの出来ではないと作者が自信を持って(?)言い切れますから。 あと、ダウンロードのほとんどがアジア太平洋、恐らくは全て日本だと思われるのがまた怪しい。
 
 怪しい裏機能を入れた覚えはないので、仮に何か悪巧みに使われたとしても関係ないのですが、なんとも不思議な感じです。
 
 あぁ、でもこれらが全部有料ならなぁ、とつい計算してしまう浅ましさよ。
 無償の"2"ではない有料版"TANU"は一切売れず...

| | コメント (0)

明るい大停電

 先日、そこそこ全国でもニュースで流れた大規模停電が起こりました。
 朝方、明るくなった頃にパトカーが「ただいま××が発生しております」とマイクで告げながら走ってたのは覚えてますが、おっさん、滑舌が悪いので肝心の何が発生しているのかわからない。
 仕事にはまだ早かったのでそのまま寝てたら、同居人の声がドアの向こうからしてぎょっとしました。 電気と水が止まっているとのこと。 ああ、さっきのアナウンスは停電だったのかと了解。 水が止まったのは地下タンクからのポンプも止まったから。
 
 明るいうちの停電は今ひとつ緊張感がなく、トイレなど中水用の水は風呂場にたっぷり残っているし、飲料水や非常食は備蓄してあるので特に慌てることもなく、また起床時間まで寝る。 というか、かつて関電の社員から、都会では停電なんて滅多にしないし、起こっても誰も気づかない瞬停程度、あとは雷などの天災、と聞いていたので、ま、そのうちすぐに復旧するだろうと考えていました。
 
 ところが8時を回っても復活の兆しなし。 それどころか道路の信号毎に警官が立って手信号で整理している。 こりゃJRも大混乱?と雉子を返して駅の方を見ると、あら、こちらは普通通り。 双眼鏡持ち出して遠くの信号を見ても、普通に点灯している様子。

Nightlight げっ、仕事にはいかなくちゃ! 
 とカセットコンロで沸かした湯(今考えると都市ガスは機能してたんじゃないかと)で淹れたコーヒーと非常食用長期保存ビスコをかじって登校。
 昼過ぎにネットで確認したら、まだ停電中。 どうやらうちのマンションは昼前に回復したそうですが、とにかく全地域が回復するのに11時間もかかったという大事件でした。
 原因は住宅地の地下に埋めてある高圧配線の漏電ではないかということで、その漏電がなぜ起きたかは現在まだ調査中なんだそうな。 う〜む、日本中のどこで起こっても不思議ではない事故です。

 でも終わってよかった、と家に帰って来たら、家電の時計とエアコンがエラー点滅しまくり。 最近の家電は瞬間〜数時間程度ならバックアップバッテリーでこと無きを得るようになっているのにもかかわらず、ですから、ここまで長いと想像以上に後遺症が出たのかもしれません。
 
 その一つがここに掲げた写真で、これ、なんと深夜2時の商店街。 多分タイマーがリセットされたとかなんかでしょうね、普段は夜8時に一斉消灯するはずが、煌々と誰もいない歩道を照らしています。 さらに頭上からはBGMも流れっぱなし。
 BGMは3時頃に止まりましたが、照明はいつ消えたのか不明、と思ったら翌夕は逆にまだ早い時間なのに真っ暗。 メカに強い担当おらんのかい>商店街

| | コメント (0)

正味25行の超大作、なわけないやろ

Photo 月に1〜2回やっちまう大爆睡、昨夜久々に11時間爆裂しました。
 これはこれで幸せ。 朝起きたら頭ボケたんじゃないかと思うほどのリセットぶり。
 考えたら、やっぱり夜勤は疲れるんですよね、うん。 ほどほどにしなくっちゃ。
 
 で、夜勤中に書いた、というか、三行から受付、という超短編が条件だったので、ほんと一瞬で終わって、この表紙の方が長くかかりました。 う〜ん、表紙作りたのしー(けもフレ調で)
 
 表紙といえば、先に8,000文字から12,000文字ってのも書いてるんだけど、話半分までしか来てないのにすでに8,000文字。 あと4,000文字で終われってのはかなりきつい… で、こっちの表紙のアイデアもすでに決まっているという。
 本編があるから表紙があるのか、表紙やりたいから本編書くのか…

| | コメント (0)

«久々に小説が書けた