日産が38年かけて証明したこと

 忙しいことは罪なりて... 適時書き込みができずに、あれこれ考えているうちに物事が終わってしまふという。
 
 とはいえ、しばらく経つうちに後で色々わかってくることもあります。
 その一つが、日産の完成検査問題。 検査員の資格がないものに完成検査をさせていた不正は実は38年の長きに渡って行われていた、という追加報道です。
 38年前というと、ほぼほぼ80年代の始まり。フェアレディZがS130だったり、スカイラインがジャパンだったり、平成の民にとってはもう太古と呼んでもいい時代です。
 
 そこで考えて欲しいのは、そこから今まで、数多の日産車に大きな欠陥があったり、こぞって事故を起こした事実があったか、ということです。 答えは「否」。

 これが何を意味するかというと、日本車メーカーの完成検査がいかに意味がないか、ということです。 すでに他で書かれているのを読まれた方もいると思いますが、この大騒ぎの中でも日産は輸出仕様車の出荷は平常通り行なっています。 当然、だから輸出仕様がとてもいい加減な基準で出荷されている訳ではありません。
 今時の車は全て高精度センサーで計測され、コンピューターによる総合判断でラインオフされており、一つでもエラーがあれば手直しに差し戻されるか、最悪は廃棄されます。(勿体無いので登録せずに構内連絡車やクラッシュテストに流用することもあり)

 この制度はまだ日本の自動車製造技術が未熟で、例えば四本のタイヤのうち一本が違うサイズだったとか、ボルトが決められたトルクで締め付けられていなかったというような時代の名残で、実際、私が納品に携わったホンダの新車で、助手席側のドアミラーに左ハンドル用のものが装着されていた、というのを目撃したことがあります。(これはつまりホンダの検査官が目視検査で見落としていたということ。)
 しかし今ではバーコードやICタグによるラインへの部品供給、あるいはライン以前でのアッセンブリー納品、センサー付き工具の導入などなど、そのような前時代的ミスを起こそうとする方が大変だったりします。

 さらに、世界中を賑わせたフォルクスワーゲンの排ガス制御詐欺のような大掛かりな設計システムレベルでの改ざんは、いかな天才 or ベテラン検査官でも発見するのは絶対無理。 要するに日本市場のみにずっと存在する新車時の完成検査に意味はない、ということを皮肉なことに日産が証明したことになります。

 しかしこれは裏を返せば、旧運輸省から続く制度の面子を丸つぶれにした訳で、官僚のプライドにかけて許しがたい反逆であったりもしますし、もしこれで仮に検査官制度がなくなって大喜びになるはずの同業者も、応援するどころか38年間馬鹿正直にかけてきたコストと手間を怨嗟してくるはずですから、まぁしばらくは日産は血を吐かされ続けるでしょう。
 
 で、政治家の支持率が低下した頃に「形骸化した制度の見直しを」と言いくるめて制度自体が廃止されるのだと思うし、上記輸出仕様のくだりを見ても、廃止自体は当然と考えます。

| | コメント (0)

カーシェアリング四台目はハスラー

Hustler

 利用したのは娘を関空に送って行くためだったので、九月頭。 あの時は駐車場に戻したらすぐに電車に乗って学校に向かい、車の写真を撮るどころではありませんでした。 歩いて10分かからないところゆえ、まぁすぐに写真だけ改めて撮りに行こうと思っているうちに早二ヶ月。
 ということでスズキ・ハスラーです。
 
 朝イチの便に間に合わせるため、まだ暗いうちから借りるとなると、諸般の都合でこの車しか選べませんでした。 うちから関空となると、大阪市内からはずっと高速ですから、よりによって軽かぁ、と少々憂鬱。
 まぁでも他に方法がないので、娘を乗せていざ出発。 どういうわけかBluetooth経由でiPhoneが繋がらず、しかたないのでヘッドホンジャック経由で音を鳴らす。 夜が明けてくると、広告で見かけた内装が目に入って来て、これはこれで楽しそうではあり、アラレちゃんのCMに釣られて買っても違和感はないでしょう。
 
 そして走りも予想外に良い。 私のイメージでは660cc時代の軽は、街乗りならNAで十分、高速道路に乗るならターボ付き、という区分けがあるのですが、これがNAながら阪神高速の流入も含め、イライラしない、怖い思いをしない程度の動力性能がありました。
 足回りも、少なくとも流れに乗る程度の速度ならふらりと風や大型車の乱流に乱されることもありません。 へ〜、これなら高速も悪くない、と思いつつ、とりあえず娘を下ろして帰途に。

 帰りはすでに早朝の渋滞が始まっていて、するとそろそろ背中が痛くなって来ました。 で、これがいわゆる背骨のサポートが悪い、といういつもの視点ではなく、単にベンチシート形状ゆえのフラットな背もたれのせい。 車の性格を考えるとこれを改善せよとは言えないけど、長距離旅行には向いていません。

 往路とは違う阪神高速のルートを辿り、一般道を走る時間が増えました。 この状況では、アイドリングストップに入るタイミングが早すぎて、停止直前にトルクが抜けてブレーキが効きすぎ→ペダルを緩める、というギクシャク感が目立つようになります。
 日産ノートのように、完全に止まってからエンジンを止めれば良いのに、少しでも燃費が良いと見せる思想(事実、メーターにはアイドリングストップをした積算時間が表示されるようになっている)が、結局不快感を生んでしまっているのがなんとも残念。 軽自動車である時点で既にエコなわけですから、必要以上の追い込みは、消費者不在のただのドM根性にしか映りません。

 てなことで、街乗りはアイドリングストップの設定のおかげでブレーキが不快、予想以上の走りの性能はシートで長距離ドライブぶち壊し。 ん〜、楽しそうな車なのに楽しめない車。

| | コメント (0)

カーシェアリング五台目はアクア

Aqua

 え?四台目だろうって? そうなんですが、写真を撮るのを忘れてしまったので、後回しです。
 
 このアクア、例の津山で四時間ほど使用したもので、結論から言うと、トヨタ恐るべし、完璧でした。
 
 そもそもトヨタのハイブリッド車って、初代プリウスの時から出来が良く、明らかな欠点といえば、超低速時にパワーユニットが喘息患者のようなか細い呻き声をだすことですが、幸いなことに、これは車内からは聞こえません。
 何より私が拘っているアクセルとパワーのリニアリティが非常に自然で、ほら、こういう国産車(しかもトヨタ!)もあるじゃない、と言いたくなります。
 パワーも必要十分以上で、途中ちょっと訳あって前車を追い抜く必要があった時も、通常の1.5リッターエンジンではとても味わえない力溢れる、しかも静かなものでした。
 
 流れの良い国道で70km/hほど、脇道に逸れてグニャグニャの峠の旧道を不満なくこなしつつ、ハイブリッドはもう当たり前として、いよいよ足回りにも力入れて来たなぁ、燃費最優先ではない195とかあたりのどっしりとしたタイヤを選んだかぁ、と思っていたら、返却間際に念のためにタイヤを見たら、たったの175/65。 ブランドはエコピアなれど、初代プリウスに標準だったエコタイヤが、とにかくトレッドが固くて高音のロードノイズを出していたのを思い出すと、こちらも時代が変わっていました。

 シートの出来も、時間にして一時間ほど連続で乗っていてもまったく違和感や痛みを感じません。
 外見デザインは平凡ながら、初代アクアのリアが箱フグみたいだったのに比べると、ずっと好感が持てるもので、この完成度なら一クラス上にもかかわらず、まるで事故車のような面をしたプリウスなんて要らんと思わせてしまう良い車でした。 ま、それはそれでトヨタは手放しで喜べないんだろうけど。

| | コメント (0)

Illustrator CCが2018に

Aicc2018

 先日、Adobe CCのアップデートが現れ、Illustratorが2018(バージョンでいうと22)になりました。
 最近のccは、アプリケーションデザイナーの自己満足的変更が多く、今回も立ち上げた途端に画面右側に現れる「プロパティ」というパネルにうんざりしたんだけど、これは時間が経つとともに、これまで便利なようで今ひとつだった画面上部のコントロールパネルよりも賢そうな気がしてきました。
 
 それはともかく、何が嬉しいかというと、2017になって立ち上げた途端にcpuが全開になる(MacBook Pro. Retinaだとファン全開)バグというか仕様が改善され、とても静かにクールにIllustratorを使えるようになったことです。
 
 面白いのは、夏にYosemite(10.10)に戻したiMacの方にはアップデートの通知がこないこと。 今アドビが推しているxdも「互換性がありません」となっていることから、どうやらSierraとかMacOSのバージョンに依存しているようです。

| | コメント (0)

俳優と声優は同じではない

 忙しいのである。
 二十日ぶりの休みは、とても貴重。 なのに仕事先から求められた健康診断とインフルの予防接種、そして髪切りで終わった。
 祭日の金曜は、朝だけはゆっくりしつつ、それでも家でPremierの仕事をしていたという。
 んで、この先また二週間ほど休みがないんだけど、よくよく考えてみたらそれらの仕事は全て、それほどきついわけでもなく、とりあえずストレス溜めないようにしていれば11月はあっという間に終わるんだと思います。

 というわけで、相変わらず秋アニメについても先の脚本&監督の見地から少し書けた程度なんで、せめて次はいぬやしきを通じて声優について残しておきたいと思います。
 
 作品自体は好きなんです。 雰囲気も攻殻機動隊っぽいし。 格好いいです。
 ところが残念なのが声優。 というか俳優。
 
 小日向文世、村上虹郎、本郷奏多。 このまま実写ドラマにしても人気が出そうな面々。
 が、所詮は俳優。 声優としてはど素人の下手っぴ。
 
 特に村上虹郎のつぶやき的なセリフは絶望的で、この唖然とした残念感は以前にも味わったな、と思い出したのがスカイクロラの菊地凛子、加瀬亮。 これについてはすでに今回のいぬやしきと同様に俳優を声優に充てる安易さを四年前にボロクソにこき下ろし済み。

 さて今回は誰が横槍入れたんでしょうね。 というか、そんな客寄せパンダがいなくても十分面白い作品なのに。
 村上虹郎の「ばーん」とか「言って」とかの下手さはほんと、声優専門学校の良い教材になります。 ベテラン小日向文世ですら、「ぼくは...」というセリフが絵とあっていない。 つまりは台無しなんです。

 俳優の本懐は舞台。 そこではつぶやきでさえPA無しで舞台の端まで聞こえるように、と教えられます。 そうして身についた発声法は、超オンマイクで音を拾う環境とは全く違うことを素人視聴者でもわかっているにもかかわらず、このキャスティング。

 制作横槍側が声優を俳優より一段下に見ているのがはっきりとわかるこの迷作(?)、とりあえずストーリーとしては毎週楽しみにしています。 だから余計に残念。
 
 「ばーん」(トラウマになりそうなほど、ど下手すぎて笑う)

| | コメント (0)

やはり脚本や監督が骨だろうよ

 津山紀行ものがしばらく続いたせいで、2017夏アニメの感想とか秋アニメの見通しとか全く書けておりません。
 そんな中、ぜひとも書いておきたかったのがプリンセス・プリンシパルの終わり方。

 この作品、前にも書いたように、大河内一楼脚本だっただけに非常に楽しみに見てて、実際、言っちゃなんだけど、全体は平凡なレベルであったにもかかわらず、毎話楽しませてくれていました。 この次回を待ち遠しくさせてくれる仕組みこそがコードギアスで知った大河内マジックなのですが、最終回がどうにも変。
 
 大河内さん、どうしたの〜?と慌てたら、どうやら最後の二話のみ脚本家が違う。 まとめサイトみると「好評だったので二期へのつながりを急遽作るため、すでに脚本を完成させていた大河内に代わって他の脚本家を入れ、無理やり流れを変えたんだろう」という指摘があり、私もこれに賛同。
 ところがこの発言に対し、「すぐに脚本だの監督だのという奴がいるが、いいアニメにそんなものは関係ない」なんてコメントがついていて、あらら、そりゃちがうだろうよ、と。
 
 具体的に説明すると、12話でプリンセスにマカロンを勧めた空腹少年兵に「一緒に食べましょう」と蒔いた伏線が回収されていません。 大河内は多分、その後ゼルダがプリンセスの脚を撃ち、さらに頭に銃を向けた時に少年兵が救う、という筋を考えていたんじゃないかと想像できます。 
 そもそも国の特務機関とはいえ、スパイ風情が王女に銃を向けられるわけがないし、最終場面が突然の地中海とか、関係者の都合という横槍が入って脚本が変わると、こうも完成度が落ちてしまう分り易い証拠と言えます。 惜しい。


 別の作品でこれを語ろうとすると、今季やっているJust Becauseという作品。 この脚本が鴨志田一という人物なんだけど、私がこの名前を覚えたのはガンダムオルフェンズ。
 一期で三日月とラフタという戦闘の天才が死闘を展開した回、あ、こりゃどっちかやられるかな?と思わせた大詰めの大詰めで名瀬の休戦無線。 と同時にミーシャのEDイントロが流れ出すという演出が非常に感動的だったからです。
 まぁこれが脚本なのか監督なのか演出なのかは知る由もありませんが、この時あわてて鴨志田一の名前をwikiで探しても、まだこの時はラノベ系小説家程度しかわからないほどの情報量でした。

 ところがこのJust Becauseでは脚本からシリーズ構成まで手がけるということで、始まってみると、期待通り。 日常会話系なのにテンポがすごく良くて、あっという間に22分が終わります。
 駄作って、ふと時計を見て「げ、まだ十分もあるの?」と閉口してしまいますね? 例として、先シーズンやってたコンビニカレシってのがまさしくこれで、両者ともに高校日常系であるにもかかわらず、その差は歴然としています。 ちなみにあまりにテンポが悪いので途中で切りました。

 ということで、やはり絵も大事、設定も大事とかいろいろありつつ、やはり構成、監督、脚本だろう、というのが私の言いたいことなのでした。

| | コメント (0)

突然、津山に行ってきました(2)

 Timesの駐車場まで歩いて五分ほど。 その間、すれ違ったのは実力テストとかがあったのか、昼に下校する高校生たちばかりで、一般人は一人だけ。
 iPhoneが示す道順通りに国道から細い道を入ると、どこかで見たような、かつて栄えた跡がそこはかとなく香る路地でした。

 とは言ってもほとんどの店は畳まれ、あるいは普通の住宅に改装されている中、一軒だけ古びた呉服屋さん。 失礼ながらそれほど流行っているとは見えず、ウインドウに近々開催予定だった地元の祭りのポスターが貼ってありました。 町会長とか何かの長を勤められている、いわゆる地域の重鎮的な存在のお店なのかもしれません。
 恐らくはここでかつては婚礼衣装一式が、冠婚葬祭の着物が、夏には若い娘の浴衣が飛ぶように売れて行ったのだと想像できます。

 その風景は、どこか私が今住んでいる町のミニチュア的で、共通項は廃止・縮小された国鉄の存在。
 圧倒的に人力が必要だった合理化前の国鉄は、それだけ多くの雇用を生み、家族を養い、それらを取り巻く人と経済がまた町を賑わせていました。
 それがうちの町の場合は、かつては日本一、二の規模を誇った貨物操車場の廃止、そして津山は地理的な鉄路の要所としての役割を中国道に奪われての大幅縮小となりました。

 振り返って見ると、今度は母方の親戚が多かった松江も思い起こさせます。 これは、もしかするとかつて栄えた中小の城下町に共通する風景なのかもしれません。
Tsuyama10

 そこからもうすぐ駐車場というところには、一目で大型旅館とわかる木造三階建ての建物。 よく見ると、すでに掠れて文字が読み取れなくなった行灯看板も残っています。
 そういえばこの周辺には今でもスナックや食事処が残っていますので、商店街から一歩入った、いわゆる歓楽街だったのでしょう。 旅館には泊り客はもちろん、宴会や会合で遅くまでさぞ賑わったことかと。
Tsuyama11

 その先は、と期待したら残念、アルネ津山という天満屋デパートを中心とした大型商業施設に繋がり、イメージの追跡が途切れてしまいます。 いえ、でも地元の人の買い物はここが中心になってるるはず。 こことネット通販で、この辺りの商業は完結しているという、ほぼ日本全国共通の図式です。
 そして大型商業施設につきものなのが、それまでの商店街の打撃で、恐らく昔の最も栄えたであろう京町というところから続く商店街の裏側に、表の壁だけ残して裏は解体空き地という珍しい、いや廃墟マニアならずとも心が動く風景も見かけました。 表の壁だけ残すって思想がまるでギャク漫画そのものながら、笑うに笑えないという、シャッター銀座を超えた、言わば壁銀座。
Tsuyama12

 冒頭、高校生以外ほとんど人とすれ違わなかった、と書きました。
 では車は、というと、駅前を国道53号線という、かつて中国道の終端であった津山や院上から山陽山陰を結ぶメイン国道もそれほど交通量は多くありません。 それを裏付けるかのように、道路沿いには「ついこの間までファミレスだった」「回転寿司店だった」「100円ショッップだった」「レンタルビデオ店だった」という外装のままの貸店舗や売り物件が複数散見されるところを見ると、車中心の消費社会が成り立っているとも言い切れません。
 なんども引き合いに出して恐縮ながら、やっぱり今の日本はマツコ曰く「もうみんな限界にきている」のだと改めて痛感した小トリップでした。

| | コメント (0)

突然の津山(鉄道編2)

 なにはともあれ、作用駅から津山行きの普通列車に乗れましたが、これが日々223,225系新快速に乗っている身には驚きの一両のみ、しかもワンマンカーという、噂には聞いていたけどバスかいな?状態。
Tsuyama7
この運転台周りがすごい。 右側に置いてある運転手の私物が盗まれるかも、とか全く考えられていない。 平和だ...
 

 で、これが超遅い。
 といっても、車両性能は平坦地で100km/h程度は出せるので、これは崖崩れ、落石、倒木警戒のようです。 線路側に掲示された制限速度は25km/h。 原付以下。
 でも、確かにこの制限区間の路線状態は素人目にも危なっかしくて、ここ最近の大雨続きで簡単に崩れそうではありました。
 ローカルワンマンカーとはいえ、エアコン付きですから窓は密閉式、これをいいことに時々車両に路側の木の枝がバシバシと当たるのは驚きです。 伐採しろよ>JR西

 まぁ、そんなこんなもあって遺棄されつつある限界路線の感が余計に強まってくる中、ほぼ一時間かけて津山着。 この車両、キハ120と言って、JR西日本のローカル各停に多数採用されているんですが、レール音が変わってるな、17m車かな?と思ってたら、なんとそれ以下の16m車! これにトイレも装備されているので車内が狭い。
 おかげで帰宅する高校生でいっぱいの帰路はローカル線っぽさが全くない混みっぷり。
Tsuyama8

 たまたま千葉のいすみ鉄道の社長が「ローカル線は空いていなければならない」という主張を自身のblogで展開されているように、空いた車内で弁当をつまみににビールでも飲めないと、旅としてのローカル線の魅力は激減する、つまりはますます衰退の足並みを早めるだけだと私も感じました。
 これを二両編成にしたり、キハ40・47にするとどれだけ高コストになるんでしょうね。

 駅舎からホームを眺めると、それでも複数線区が乗り入れるだけあって、車両基地は今時にしては大きな規模で残っていました。 実はこの写真の奥にある津山まなびの鉄道館(旧津山扇形機関車庫)にも時間があれば寄りたかったんですが、微妙に時間が足らず断念。
 DE50を一度見て見たかったんだが、また今度にしよう、と思いつつ、はて?今度ってあるののかな、と半ば諦めてもいます。
 だって、ここまで車両を揃えておきながら、扇形庫には入れない、つまり車両を近くで詳細に観察できないってのが、これまた惜しいというかケチくさいというか、本当に観光に力入れてるのかな、と。
 
 ま、こうして文句たらたらいいつつ、久々のローカル線の片道を終え、カーシェアリングの駐車場を目指して歩き出したのでした。
Tsuyama9

| | コメント (0)

突然の津山(鉄道編1)

 先にも書いたように、今回の津山行きは鉄道利用でした。
 地図上で津山は、姫路、鳥取、岡山、そして新見を結ぶ内陸の要所なのですが、中国自動車道がすぐそばを通っているせいもあって、バスターミナルとしてはそれなりに栄えていながら、鉄道で行くには結構苦労します。 つまり直通の特急やら急行がないのです。
 
 大阪からだと、姫路からちんたら姫新線の各停で行く、上郡から第三セクターの智頭急行を少しだけ使って作用まで行きそこから姫新線、一気に岡山まで新幹線で行って、津山線の各停でこれまたちんたら上って行く。 どれを取っても最後は各停でのんびり行くしかありません。

 元鉄なので、オール各停でも良いとは言いつつ、時間の都合で行きは智頭急行利用、というか、毎週新大阪で見ているHOT7000のスーパーはくとに乗ってみたかったのもありました。
 
Tsuyama4
当然流線型のが来ると期待していたら、貫通型がきました。 まぁいいや、後ろを撮ろう、と思ったら、後ろも貫通型だったという...

 このHOT7000、反対側のホームから眺めていると、床下機器の眺めがJRらしくありません。 調べてみるとなんと富士重工業、つまりスバル製なのです。 この辺りが大半をJR路線を走るとはいえ私鉄らしいところ。
 一両ごとに合計700馬力らしく、新快速並みの速度で飛ばして行くのかと思ったら、東海道山陽上ではそれほど速度感はありませんでした。 ただしこれはあくまで体感的なものです。

 ところが上郡から自社線に入った途端に突然元気一杯フルスロットル。 多分振り子も働いてるんだろうけど、制御付きとはいえパッシブ故かJR東海の383系ほど身を捩って、という感じではありません。
 この智頭急行、本来は国鉄の智頭線として建設されたんだけど、途中でローカル線廃止の波をかぶり、一時は建設中止になっていたのが今では懐かしい話です。 この先に父の故郷があり、たまに一緒に帰省する時、ところどころ完成しつつあった高架やトンネルを指差しながら父が解説していたのを思い出します。

Tsuyama5
石組みのホームが残る地平駅の上郡。智頭急行の分岐がなければ多分意識しない駅かと。
 
 もっとこのスピード感を楽しみたいのに、あっというまに作用到着。
 ところがここで、常に犬並みの方向感覚を自負する私としてはめずらしく方向音痴に。
 上郡から乗車した智頭急行の女性車掌がわざわざ作用駅でのJR乗り換えを教えてくれたおかげで、ホームの移動はスムースにできたものの、東西の感覚が狂って、もう少しで姫路方面の播磨新宮行きに乗るところでした。 いや、都市部では当たり前のホーム上の行き先案内表示がなく、最終的にディーゼルカー妻面の行き先表示で確認しなければならないのも焦りました。
 
 作用駅でたまたま智頭急行に乗り入れる岡山行きスーパーはくとと交換しましたが、こちらはJR西持ちの187系なのに今更ながら気づきました。 HOT7000とは同じ新潟出身とはいえ、鳥取での整備も大変ですね。
 
 あら、長くなった...

Tsuyama6
写真がまずくて申し訳ないんだけど、左の大きく写っているのが危うく間違えて乗りそうになった播磨新宮行きJR、一本右が津山行きJR、その先の方に小さく写っているのが岡山行きいなば、一番右がここまで乗ってきたはくと。ローカル駅にしては豪華すぎる離合。

| | コメント (0)

突然、津山に行ってきました

Tsuyama1

 亡母の関係で津山に行ってきました。 もちろん日帰り。
 以前からずるずると先送りにしていたものを、ついでに調べたいことができたので、久々の仕事のない日に決行したというわけです。

 大阪から津山というと中国道のイメージがある中、すでに車はないし、レンタカー借りてわざわざ帰りの宝塚トンネルで渋滞にハマるのも面白くない。
 結果、津山まではJR、そこから先はタイムズのカーシェアリングという、以前から一度やってみたかったパターンとなりました。 

 これなら帰りに車中でビール飲めるしね、と思っていたら、夕方のラッシュ時に「さえ」一時間に一本しかないローカルワンマンディーゼルカーは帰宅する高校生でいっぱい。 そんな中でビールなんて飲めません。 仕方ないので、発車前のホームでビールと食いそびれた昼食としてサンドを頂きました。
 
Tsuyama2

 津山の一番の印象は...
 「人いない」
 
 商店街のみならぬ、街全体がシャッターを閉ざしたかのよう。
 その昔、中国道が津山までで、以西の陸路は全てここから53号線経由だった頃は、まだもっと栄えてた記憶があるような気がします。
 先の夕方に溢れ出てくる高校生たちさえも、やがては進学就職でここを出て行きます。
 ま、それも小さな地方都市だから仕方ないか、と帰ってWikiで調べてみたら、なんと津山は岡山県ではNo.3規模の町なのだとか。

 こうして久しぶりに少し地方に足を伸ばしてみると、本当に日本は限界集落ならぬ、限界国家になりつつあるのを実感できます。

 あ、いや、でもね、良いジャーニーでしたよ。

Tsuyama3

| | コメント (0)

«気のせいと言われればそれまでだけど